2013/04/11

勝尾寺TT


無性に勝尾寺に行きたくなったので勝尾寺TT

先週の四国一周から丸4日完全休養状態だったので昨日はランで”軽く”体に
刺激を入れたつもりだったが、今朝の体の重さは尋常ではなかった
バイクに乗っても始めの1時間はダルさが抜けず、心拍は上がりやすく下がり
にくく、全身に疲労感が漂う(何が軽くだバカヤロー!)

せっかく四国一周で減った体重もこの5日間の乱れた食生活でチャラ
3月末に来ていたコンディションのピークはリセットされたのだろう

サブのバイクとのポジションの違いに慣れるのに苦労したし
体がキャンプ装備を積んだ状態を忘れておらず、バイクの挙動に対し無意識に
補正を加えるので走りがちぐはぐに...

ただ、そのことを悪いこととは思わない
新鮮味があったし、また新たにコンディションを積み上げていくのも
練習のモチベーションになるから

いつもの青山短大前のファミマで補給
写真 (2)


勝尾寺の自己ベストは13'50
更新出来る気はするが、全くダメそうな気もする

結果は13'30だったので20秒の更新
結果だけ見れば良い結果かもしれないが、内容はとても良いとは言えない

スタート早々195bpmを突破
かなり苦しかったが無理やり踏む
分岐以降はタレてスローに
ゴール後はへたり込んでしまった

その日1日どころか数日影響が出そうなくらい捨て身でアタックしてこの
結果ならTTしなかった方がましだと思った

その後北摂霊園TT
タイムは10'05

帰り道のついでに蓬莱峡TT
タイムは26'51

走行時間 4:54'57
走行距離 95.42km
AvHR 141bpm
消費カロリー 3319kcal

スポンサーサイト
2013/04/11

使用機材


何となく機材の紹介を

wが現在使用しているバイクはスペシャライズドのタ―マックエリートで
その中でもラインナップ中最も安い素の「TARMAC」という完成車です

写真 (1)

定価で149000円の安さにつられて勢いで購入(バカ?)
しかし欲しいのはフレームセットだけなのでパーツ類のほとんどはオクで処分
完成車としてアッセンブルされていたパーツで残っているのはクランクセットと
シートポスト、Fディレーラーぐらいだろうか
実質フレームセット+αを10万円ちょいで買えた

構成
フレーム Specialized FACT 8r carbon, FACT IS construction, compact race design,1-1/2" lower bearing, OSBB
フォーク Specialized FACT carbon, full monocoque, OS race for 1-1/2" bearing
シートポスト Specialized Comp, FACT carbon, 27.2mm
ハンドル 中華偽物3Tカーボン
ステム 3T ARX TEAM
変速レバー カンパニョーロ コーラス ウルトラシフト
ブレーキ シマノ 105(5700)
FD シマノ SORA(3500)
RD シマノ 105(5700)
クランクセット FSA ゴッサマ― 52-36T
スプロケ シマノ ULTEGRA 11-28T(6700)
ペダル シマノ 105(5700)
チェーン KMC X10SL
サドル フィジーク ツンドラ2
ホイール シマノ RS80 C50
タイヤ ミシュラン PRO3 
(統一感がないなー...)

デュアルコントロールレバーがカンパ、他シマノのいわゆるシマニョーロです
イコールプーリーやシフトメイトは使わず大回しさせて運用中

重量はボトルケージやサイコン等全部込みで8.2kgぐらい
フレームがあんまり軽くないのとホイールの重さが響いているんだろう
ちなみに、タ―マックエリートのフレームセット重量はベアリング類、ヘッドパーツ、
シートポストクランプ、プレッシャーアンカーの付いたフレームセットで
1.8kg~1.9kgぐらいでした(手に持って体重計で量った数値なのでかなり大雑把。54サイズ)

減量するならば
足回り全体で600グラムと、サドルとクランクで200グラム
ポンプ台座、サイコン台座、鈴撤去で100グラム
ヒルクラの最終手段のアウターリング&FD撤去でようやく7kgちょいなのか
これなら軽量化は足回りだけに限定してもよさそうだ

あとリアのロー28Tは不要に思えてきた
決戦用ホイールを買ったら12-26Tあたりを付けよう