2014/03/30

メンテ日

3月30日
別に雨でもお構いなしに乗ってもよかったんですが今日はなんとなく休息日に

サスの交換
写真 1 (25)

最近ほとんど使っていないMTBのサスを交換。まあこれからも乗る機会は減る一方だと思うし、街乗りにはオーバースペックなREBA君はヤフオク行きということで。

スプロケ掃除
写真 2 (26)

去年7月の導入以来、ほぼ固定で運用してきた6700の12-30T。これはほんとうに使いやすい。これのせいで11-28Tの出番が…。

続・スプロケ掃除
写真 3 (23)

お次は6800の11-32T。掃除ついでにまた11Sに戻す。ロー32Tは欲しいけど10sではさすがに歯抜けが気になるので。11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32なので11-28Tに32Tを付け足しだような構成。しかしなんで11トップなんですかねぇー。ロー32Tが欲しい人間にトップ11Tが必要なのかと。11Tを無くして15Tが入れば主力になるんだが…。それか11s版の12-30Tで12-13-14-15-16-17-19-21-24-27-30とか。あ、6800の12-25を買ってきて12-13-14-15-16-18-20-22-25-28-32でいいやんけ。一回やってみるか。

走行時間 --
走行距離 --
スポンサーサイト
2014/03/29

試乗ライド

3月28日
用事の前にサクッとライド

有馬口~記念碑台TT 28分05秒
今日はもう走りだしからダメ。いくら頑張っても空回りする感じ。上り方を忘れとる。クリート位置が合ってないことを差し引いてもビックリのダメさ。裏のスタート地点で13分ジャスト。そこから挽回を試みるもやっぱりダメ。裏だけで15分もかかってしまった。87%/81rpm

写真 1 (22)

あまりに調子が悪いので帰りは反省の全力スプリント5本しながら。

走行時間 1h46m45s
走行距離 42.4km


3月29日
今日も裏へ。

有馬口~記念碑台TT 27分39秒
昨日ほど悪くはないか?向かい風なのが惜しい。姿勢を正してきっちり回すことを意識する。裏のスタート地点で13分9秒。裏からはしっかり回す。進んでないようでも軽いギアを選ぶ。最後まで出し切ってゴール。なんとか14分台に入れられた。裏13分台&全体で27分以内を安定させたい。88%/85rpm


表を下ってR2のジャイアントストアへ。次期主力フレームの第一候補がTCR ADV SLなので試乗をさせてもらう。

DURA9000に1500gぐらいのホイール
写真 2 (23)

芦有ゲートコースの序盤を本気で走る。このフレームの第一印象は、まさに超剛性ッッッ!!! R2を走ってた時点で嫌と言うほど思い知ったけど、自分には硬すぎる…それはもう悲しくなるレベルで。自分の脚力ではウンともスンとも言わない。ダンシングでは進んでる感はあるものの、シッティングでは全くなし。15分ぐらいのヒルクラならまだしも、大台みたいな1時間以上のレースではキツいやろうなー。ヘッド周りからBBエリア、リアバックまで一貫した剛性感。己の脚では一生踏み抜けないと悟りますた。

おまけでDefy ADVの試乗
写真 3 (20)

SLよりかはかなりマイルドになった印象。しかし進みはイマイチ。悪くないフレームだが、果たして20万も出す価値があるのか…。少なくとも自分にはないやろうな。ADV SLならもっと自分好みかも?

帰りは表から。

高羽~丁字が辻TT 34分46秒
前半はかなり抑えめで。試乗でかなり脚を使ってしまったので最後まで持つ気がしなかった。六甲大橋下で13分。手を抜いたなりのタイム。表からは頑張る。ケイデンスが80を切らないよう意識して、しんどくてもダンシングを時々入れていく。少々思う所があり座る場所を変える。しっかり踏めるポイントで回していく。表単品で21分45秒。ギリギリ合格点か。表20分台の全体32分台を安定させたい。

おまけで地元のショップで最近気になっていたバイクに試乗

BIANCHI INTENSO 105/TIAGRA
写真 4 (7)

鉄下駄ホイールにもかかわらず良い加速感。上りではBBエリアの適度なしなりが快適で、グングン上っていけた。正直ADV SLよりはるかに良いと感じた。あくまで自分の場合。剛性感が自分に合っていて、すごく進んでいる感じがする。これに軽量ホイールと軽いコンポ入れたらもっと良くなるやろうなぁ。やっぱりフレームは自分の脚力に相応しい物を選ぶべきなんやな。自分には完成車で15万円のフレームで十分。フレームは最高にかっこいいし。これかFELTのF3~5のフレームセット、軽量中華、安Roubaix SL4あたりかな。


さらにおまけ。今日初めてDURA9000をちゃんと使ったけど、正直言ってがっかりした。シフトが軽いとかレバーが良くなったとか言われてたので、どれほど良いか期待していたけど、期待外れだった。確かに、フロントの変速は軽い。でも、それだけ。レバーは相変わらず握りにくく不格好。ブレーキも特に驚きはなかった。そもそもブレーキレバーの作りに不満があるのだが。リアの変速に関しては、全く良いと思わなかった。軽くも速くもない。シフトアップ時のシマノ独特のタイムラグはどうにかならんのか。カンパレバーのレスポンスに慣れている身としては正直全く使い物にならない。フォローしておくと、機械式コンポーネントのレース機材としてはトップクラスの出来だと思う。耐久性とか信頼性とかアフターサポートを考えれば。お金が余っていてレース用のバイクを1台組む、となればアリかもしれない。でも自分のように機材としてだけでなく、趣味の道具としての価値を重視するなら9000は選択肢から外れる。そのレース用機材としての良さが、他の要素を台無しにしてしまっているように思う。自分が求めるのは、カンパのような美しさだったり、スラムのようなポップさとクールさだったり…特にエルゴパワーはルックスでも握った時の感触・フィット感でもライダーを楽しませてくれる。あと大切なのは音。エルゴパワーやダブルタップレバーの操作音は機械っぽくて、アナログで、操作したことが手の感触と耳を通して伝わってくる。1世代前のスラムはチェーンノイズがうるさいと不評だったけど、自分的には大歓迎。チェーンを直接接触させてるんだから音がして当たり前。静音性なんてレース機材において考慮すべき問題にあらず。とまあ言い出すとキリがないのでまとめると、9000はまだまだ改善の余地あり。これからも機材として正当進化してほしい。それとは別に、自分がコンポに求めるのはパッションとエモーショナル、それと不完全さ。今日は剛性への考え方が変わったり、機材への考え方を再確認できたりと有意義だった。

走行距離 88.3km
2014/03/26

夜練

3月26日
最近はインフルエンザで寝込んでいたため前回走ってから丸一週間ぶりの自転車。

仕事終わってから一旦帰宅してTT
写真 (6)

有馬口~記念碑台TT 27分21秒
完全にサラ脚なだけあって踏める。前半からダンシングを使って積極的に上げていく。裏のスタート地点で12分12秒。自己べペース!これはイケる!出来る限りの出力で回していく。後半は少しタレたものの感触は悪くなかった。しかしゴールタイムを見て混乱した。ファッ?! 27分台?…えーっと、えー、なんぼや、裏単体で…15分台? と酸欠の頭で必死に考える。まあ病み上がりではこんなもんか。心拍数が高かったのでおk! 87%/80rpm

走行時間 1h31m19s
走行距離 38.9km


2014/03/19

ガチャ踏み朝練

3月19日
仕事前に朝練

千丈寺湖へ
写真 (5)

大周回+を1周か小周回を2周かで悩んだ結果、まだ暗いので小周回に決定。

1周目 13分05秒 81% 33.2km/h
2周目 12分35秒 86% 34.5km/h

1周目はぺダリングが酷かった。平地でヒルクライムしている感じ。2周目から気を付けて回す。でも平均心拍が高い割にショボいタイムだなー。ちょっと上りに練習を振るとすぐぺダリングががちゃがちゃする。最近意識しているのは上りで平地のように回すこと。そのために常用域を上げているのに。

まっすぐ帰宅。出発前にサプリとぶどう糖ラムネしか口にしてなかったから腹減った…。

走行時間 1h08m38s
走行距離 32.7km

2014/03/17

Lumiere練

3月16日
今日は六甲友の会ですが、いつもの逆瀬からではなく裏経由で丁字へ。今日は最初から心拍センサーを付けずに出撃。

写真 1 (21)
  
有馬口~記念碑台TT 27分34秒 85rpm
前回からサドルをもう2mm上げてみた。が、すごい違和感。もともと全く踏めないようなコンディションだったことを加味してもこれは明らかに合っていない。裏のスタート地点で13分。こりゃ今日はボロカスにやられるな…。後半なんとか持ちこたえて裏は14分33秒。

藤原でpippoさんと合流。今日は2人だけらしい。てことでLumiere練に。

西六甲 21分55秒 86rpm
とりあえず最初から踏んでみるも全くダメ。脚に力が入らない。即パスされて5秒~10秒差で追走。時々持ち直して前に出るがやはりダメ。決定的な差がつかない。最後も追いつけず10秒近く離された。

写真 2 (22)


表六甲 19分21秒 78rpm
サドルを3mm下げる。やっぱりこれぐらいがしっくり来る。スタート直後から悲しくなるほど脚の無さを感じた。しかし離れてしまってはお互いにとってマイナス。引っ張ってもらいながらもプレッシャーを与えなければならない。回せ回せ回せ回せ回せ回せ回せ回せ回せ回せ回せ回せ脚をまわせまわせまわせまわせ………とだけ考えてそれ以外の思考を遮断する。第一関門のヘアピンをクリアし第二関門の展望台でもまだ射程圏内。てか完全に自己ベストペースやんけ…。しかし良かったものここまで。またも最後は置いていかれた。まあ出し切ったから良しとしよう。今の時期にこのタイムなら夏には18分台も現実的になってくる。

長めのレストを挟んで最終ステージの裏六甲へ。

裏六甲 13分01秒 83rpm
最初からそこそこ踏めた。ここにきてやっと脚のダルさが取れた。最後に上る裏はダンシングが冴えるので積極的に使っていく。中間地点で強めに踏んで引き離しにかかるも不発。前回に続きまたもゴール前勝負に持ち込まれた。前回ほど余裕はなかったもののしっかりラストスパートができた。4本目にして一番踏めた感覚があった。やはりまだまだ無駄な力みがあるんだろうな。

ゴール後は仰向けにぶっ倒れた。それ以外の行動を取ろうとは考えられなかった。毎回のことだが、pippoさんとのマンツーマン練は地獄。自分の中ではどんな練習よりもキツい。まあその分強くなるんだけども。そろそろライバルと思ってもいいかな…?休憩後、記念碑台で解散。

まっすぐ帰宅。
写真 3 (19)


走行時間 3h06m52s
走行距離 74.4km



2014/03/15

回せ!

3月14日 
今日も裏六甲。

それにしても寒い
写真 1 (20)

有馬口~記念碑台 26分19秒 83rpm
サドルを3mm上げてスタート。今日もハートレートがアレなので感覚で。ダルさはなし。サドルを上げたことの違和感も無し。窮屈感が無くなったか? 合流してからもそこそこ踏める。裏のスタート地点で12分10秒。前回よりも20秒ほど速いが、前半が追い風だったので実質トントンか。裏に入ってからもまずまず良い感じで踏めていたが、残り2km地点から急に寒くなってきた。残り1kmからは雪と強風でノックダウン。まったく上げられなかった。裏単体では14分10秒。目標の13分台には及ばなかった。。

場所によっては白くなり始めている
写真 2 (21)

くっそ寒いので即下る。5分休んで2本目

2本目 34×27T固定 15分40秒 91rpm
ギアを軽いので固定して回転の練習。勾配が緩むと100rpmを越えてくるので普段やらないだけに意外とキツい。脚が空回りしないようにぺダリングに意識を集中させる。またも残り2kmから寒気が…2本目の平均気温は2℃ですた。

そのまま裏を下ってまっすぐ帰宅。
働きだしたら平日の練習はこのコースがメインになるか?

走行時間 2h04m46s
走行距離 47.5km
2014/03/11

真円か楕円か

3月11日
記念碑台経由でジャイアントストアまで。

北六甲台4丁目~船坂 10分57秒
出発早々心拍を拾わなくなったので感覚で上る。日曜のダルさがまだ残っている感じ。でもそこそこ回せる。最後もアウターで問題なかった。心拍はしっかり上がってたぽくてベストタイム。**%/87rpm

有馬を抜けて有馬口の踏み切りへ。最近気になってたルートで、阪神高速の下を通って裏に合流する7.8km/500mの上りでTT。

有馬口~記念碑台 26分52秒
ホテル街までは交通量がなくて快適。合流から裏六甲上り口までは交通量が多いのでしばし我慢。裏のスタート地点で12分30秒。もうかなりしんどい…。でも脚は回るのでモチベーションを保つ。ギリギリたれずにゴール。次は裏を13分台で上りたい。**%/86rpm

表を下ってR2へ
写真 1 (19)

いざジャイアントストア!と思ったら閉まってた。火曜が定休日なのね…orz
R2から武庫川まではインターバル的に。重めのギアで信号ダッシュをする。武庫川CRは80%ぐらいで。帰りは蓬莱峡から。TTはなし。売り切れ寸前だったので、使いきらないギリギリで。船坂までは20分17秒。かなり抑えたわりには悪くないタイム。

写真 2 (20)


走行時間 3h18m24s
走行距離 88.3km

今日1日、自分には真円と楕円どちらのギアが向いているか考えていた。脳内会議の結果、真円賛成派が2割、楕円賛成派が8割となった。楕円→真円→楕円とスイッチしてもあまり違和感がないので、正直どっちでも良いんやけど。w的には上りでシッティングが気持ちいいのが楕円、ダンシングが気持ちいいのは真円、てな程度なので。でも踏み方の癖的には間違いなく楕円向き。最近平地で高ギア比を踏んだ時に失速感があるのは、真円ギアとの不適応が原因と自分の中では結論づけた。なので近い内にまた楕円に戻すかもしれませぬ。


2014/03/10

LSD/合同練

3月8日
今日はLSDで、脚にいつもと違う刺激を与える。上げても70%までで、一切もがかず2時間。今日初めてゾーンロックなるものを使った。意外と飽きずに楽しい?

走行時間 1h59m55s
走行距離 49.5km
消費cal  1088kcal

卒業&就職祝い
写真 1 (18)

写真 2 (19)


先日投入した新ホイール。モノはいつもの中華カーボン。今回はカーボンクリンチャーにしてみた。ノバテックの安ハブにピラーのスポークで$350。有名OEM処ではないにもかかわらずリムの仕上げが非常に綺麗。カーボン素材は日進月歩、中華もその例にもれずと言うことか(=ω=)。箱出しの状態では振れは1mm程度に収まっているように見えた。が、タイヤをはめて圧を掛けると見事に振れた。とりあえず初期振れは取ったのでしばらく様子見。ブレーキはとてもスムース。


3月9日 
今日は最近お世話になっているevoさん繋がりで数チーム、計11人で練習。Lumiereからはwとpippoさんが参加しますた。こんなに大人数で走るのはレース以外では初めて。本当に良い機会を与えてもらった。まだ見ぬ兵がいることを願っていざ目的地へ。

道の駅淡河集合→三木らへんの練習場へ。1kmメディオ+1kmソリア×8本で。evo監督の説明を受けた後スタート。急斜面後の緩斜面というわりと得意なレイアウトだったのでかなり楽しめた。練習の目的通りの「後半の緩斜面で集団での高速な展開」という状況にはなかなかならなかったのが少し残念。自分が調整すれば良かったのだろうか。いや、それでは意味がない(反語)。ラスト1本のフリー走行は最高に良い練習になった。あまり表には出さないけど、自分の本質的な強みは負けず嫌いで好戦的な所。そこを改めて実感できた。

とうじょうで休憩
写真 3 (18)

NM君とpippoさんの道案内をして帰宅。

走行時間 4h05m57s
走行距離 115.5km

2014/03/07

朝練

3月7日
用事の前に朝練。前日平地でも雪が降っていたので山は断念。千丈寺湖へ。

1周目 13分01秒 33.3km/h 88rpm
2周目 12分37秒 34.4km/h 92rpm

さすがにこの寒さでは上がらないか。とにかく身体が硬かった。空気の密度もしているかもしれない。-4℃だったので大気の重さというか抵抗を感じた。あとやはり90rpmを切ると全く踏めなくなる。脚がショボいからという前提はあるとして、ポジションも関係していると思う。なるべくセッティングはいじりたくないけど、やるならオフの内か…。2周目は少しインターバル的に。今日もハートレートが使えなかった。

走行時間 1h08m38s
走行距離 36km

2014/03/05

久しぶりに逆瀬

3月5日
あいにくの雨ですが今日も出撃。タイヤは25cに5barで。行き先は家を出るギリギリまで悩んで結局逆瀬に。

北六甲台4丁目~船坂 11分40秒
脚が重い、ダルい。でもそれなりのギアを踏めているので後半にかけて上げていく。思ったより良いタイムが出た。81%/86rpm

逆瀬川TT 43分06秒
スタートしてすぐに脚がダル重。心拍も全然上がってこない。帰りてぇ~と思いつつ逆瀬台に。やはりそこそこのギアを踏めている。昨日と同じで体感<実際のタイムになっている。甲寿で12分15秒・・・だと・・・?自己ベストに近いペース。後半に脚を残すために90%を上限に定めて高回転気味に上る。盤滝で17分50秒。やはり速い。分岐からも90%回転重視で。中盤で呼吸が浅くなっていることに気付いた。そこからは呼吸にも意識を持っていく。125番カーブで29分10秒。+15分したら44分台イケるな…と考える。宝殿前では30Tをしっかり使い切る。宝殿で34分10秒。なんとか43分台に持っていきたい。ここ何回かは宝殿からタレるパターンが続いているので気を引き締める。ここからは90%規制解除で。最後はへろへろでもがけなかった。88%/80rpm

この時期にしては良いタイムが出た。しかも雨水を吸った重い体で。最近の傾向だった宝殿からのタレもなく久しぶりに9分以内にゴールできた。とは言え課題もまだまだたくさんある。今回の逆瀬TTで今後の方向性が見えたので次に活かしていこう。

さむいれす(^q^)
写真 (4)


走行時間 2h25m54s
走行距離 60.2km
2014/03/04

2月まとめ

2月は短かった&キリが良いので3月2日のはりちゅうまでで

走行距離 734.9km でした

まあ最初の1週間丸まるサボったし、ローラーやら雪やらで実走は少なめだったんでこんなもんでそ。
今月はスピードアップ月間ということで平地での周回練がメイン。今日走った感じだと速度域が全体的に底上げされているのを感じたので、これをうまく次につなげていこう。
グリーンピアでの初エンデューロは、初めてとはいえ入賞を逃したのがむちゃくちゃ悔しかった。でもそれだけに練習へのモチベーションにもなった。はりちゅうはレースというか見学に行った感じだったのでまああれで良し。次は勝負できるし、その時勝てば良い。3月は距離を稼ぎながらしっかり負荷をかけられたら良いと思う。

写真 2 (16)


写真 2 (17)


2014/03/04

たまには

3月4日
今日も千丈寺湖…と思ったがせっかくの陽気なのでそのまま母子へ。

尼ん滝TT 12分05秒
久しぶりに上りでTTをする。序盤はかなり抑えめで。中間地点でようやく本調子で行く。平地に近い感じで高回転気味でシャカシャカ回す。どうも脚がだるいせいか勾配が強まってから踏み負けているような感触を受けた。主にヒザあたりに。滝~地蔵でも90%までに抑える。母子に入ってからも意識的に踏む。12分台入ってたら上出来やな~と思っていたら意外な好タイム。終盤追い風基調だったことを差し引いてもそこそこの出来。ただやっぱり勾配に負けているような感じだったのでまたウエイトを入れていこう。87%/88rpm

写真 (3)

まっすぐ帰宅。

走行時間 1h26m40s
装甲距離 41.5km
消費Cal  938kcal
2014/03/02

スプリングエンデューロinはりちゅう

3月2日
さて、今日はりちゅうのロードレースに出てきました。
結果は20位ぐらいで、集団後方でゴールしました。

先週の初エンデューロに続き、今週は初ロードレース。レースの時間が50分ほどしかないのでかなり高速な展開になるだろうなと思ってたら案の定終始速いペースでレースが進んだ。1周目はローリングスタートが解除されていたのに気付かずにのんびりしていていきなり置いて行かれそうになった。
前半は集団後方に位置。落ちついて状況を観察していた。5周目を終えてそろそろ前に上がることを意識する。途中何回か逃げが出たがハイペースを維持する集団からは逃げられるとは思えずスルー。実際最後以外は吸収されていた。
残り3周回。集団後ろから先頭付近に出るだけでも2周回は費やされそうな気がしたので確実に番手を上げることを意識する。残り1周が迫り2人の逃げが出ている状況。このまま集団の中にいても仲良くゴールラインを越えるだけなので最終周の上りでアタック。出せるだけの出力で行くが後ろはまったく離れない。結局下りまでに集団に吸収されてそのまま集団でゴールまで。最後は流してゴール。

結果はともかく、経験としては良い内容だったかな? コースレイアウト・展開・脚質などの状況を冷静に分析した結果、10%以下の可能性にかけて最後の上りでアタックすることを決めた。おとなしく集団にいてもスプリントでは勝負にならないし、コーナーにも自信がないし、集団走行も不慣れ。アタックは不発に終わったけど、あそこで行ってなければ今日レースに出た意味がなかったと思う。
経験値的にはスポーツクラスでも良かったような気もするが、脚的にはエリートで正解だったんかな…。速い人ばっかりで楽しかった。現実を知れたし。
いつも出ているヒルクライムレースの勝敗を決める要因の大半はFTPだが、ロードレースはいろいろな要因が絡んでくる。FTPはもちろん、位置取りやら展開、判断力や根性、あとは運。今日はそんなことを身をもって学んだ気がする。ロードレースの楽しさを教えてもらった。

2014/03/01

「調整おわりと言ったな、あれは嘘だ。」

3月1日 
少し思うところがありなんやかんやで今日も千丈寺湖へ。

1周目 13分08秒 33.3km/h
2周目 12分19秒 35.2km/h

今日は少し身体が硬かった。うまく肩甲骨が開かずリラックスできない感じ。シッティングでもバイクが左右に振れる感じがあった。帰ってからはしっかり栄養とってストレッチしてリラックス。明日に備えよう。

走行時間 1h07m50s
走行距離 32.9km

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。