2014/09/28

チーム練

9月28日
乗鞍前から約1カ月ぶりのチーム練。とりあえず逆瀬から。

逆瀬川TT 43分36秒
タイムが悪くても割り切って、前半は集中して走る。逆瀬台までは淡々と、あまり気張らず。公園で90%。甲寿橋で11分45秒。思った通り良い。その後もだいたい90%で。盤滝で17分15秒。良い、でもここまで。後は消化試合な感じで。125番カーブで29分。宝殿で34分20秒。最後は9分以上かかってしまったがこれで良し。今はまだ全ての区間で上手くいかなくて良い。

写真 1 (6)

藤原で補給して五辻へ。

西六甲 21分23秒
様子見をする気分ではなかったので最初から飛ばす。これだけ出せば付いて来られないだろうというラインで。1/3ぐらいまでは良い感じに踏めていたと思う。結構差が開いた。しかし中盤からタレ出す。心理的にも弱気になっていたと思う。2/3地点。だいぶ詰められた…一旦吸収されてゴール前に備えるか? いや、あり得ない。失望させてはいけない。脅威で在り続けなければいけない。見えない綱引きに勝たなくては。気合いを入れて踏み直す。なんとか逃げ切れた。4.8倍

再び藤原。補給を済ませ裏へ。

裏六甲 12分57秒
短い上りなので、最近練習していることを意識する。ここでも最初から上げていく。シッティングでスピードに乗せて、勾配のきついところはダンシングで凌ぐ。中間で6分30秒。ギリギリのラインか?タレ気味だが気持ちで持ちこたえる。先週同じメニューを走ったNKJMさんは裏を13分以内で走っていたらしいので、「自分だって」と言う気になる。最後はケツに刺さりそうになるぐらい前乗りになってた。気合いで逃げ切り12分台。5倍

写真 2 (6)

まだベストとは言えないけど、5月ぐらいの調子には戻ってきた。本格的な冬になる前にもう少し貯金を作っておきたい。

走行距離 90km

スポンサーサイト
2014/09/23

何を望む

9月23日

写真

自宅から千丈寺湖~木器~杉生で西峠TT

西峠TT 14分22秒
今日もやはり15分前後の上りで。風は穏やかで、たまに追い風。とりあえず15分切りを目指してスタート。膝周りに疲労感がある。それでも出来る所まで。短時間なので出し惜しみせず、スタート直後から90%まで上げていく。中盤までそこそこの感じだったが、10分越えたら一気にキツくなった。温度計のあたりから早く終われ…としか考えていなかった。タイムは良さそうだったので、最後は限界まで追い込む。去年のベストから1分近く短縮できた。5.4倍。
とはいえ良かったのはタイムだけ。半分ぐらい追い風に助けられていたので正味の出力は良くて5.2倍ぐらいだろう。それにタイムに囚われすぎて肝心なことを忘れていた。今必要なのはタイムアップか?っていう。今の取り組まなければいけないのは出力の絶対値を上げること。たしかにタイムが出たら楽しいけど、肝心なことを忘れちゃいかん。まずは15分5.5倍のベースを作り、次に20分5.3倍、最後に40分5倍。今は夢のような目標でも、それを実現できるかは今日この1日の練習に懸かっている。

走行距離 65km
2014/09/21

9/19 21

9月19日
大台から1週間は空けたかったけど乗らないとやってられないので練習。今日はルートを変えて十万辻まで。道中少し上げる。

北六甲台4丁目~船坂 11分02秒
だいたい思った通りのタイム。平坦区間でもっとスピードを上げられんといかん。4.2w/kg

蓬莱峡を下って生瀬橋東詰へ

十万辻TT 15分59秒
大台は終わったばかりでも、今から来年の大台までに必要なことをする。あまり上手くいかなかったけど、少し手応えがあった。4.4倍。ここがスタートライン。できるかは分からないけど、4月までには14分切り=5.4倍は出したい。8月までには決戦仕様で15分5.5倍を目指す。

川下川ダムから帰宅
走行距離 50km

9月21日
今日は心のホームコース(?)芦有ゲートまで。今日も途中で上げる。

北六甲台4丁目~船坂 10分47秒
そんなに頑張ってるつもりはないが心拍が上がりやすい。脚はそこそこ良い。4.4倍。もうこのコースを使って練習することはそんなにないので、そろそろ10分ジャスト=5倍出しときたい。

武庫川CR~R2は50%台でゆっくり
写真 2 (5)

芦有ゲートTT 13分30秒
久しぶりの芦有。学校を卒業してからは疎遠になってしまっていた。他のコースと比べると走った回数は少ないけど、気持ちの上ではホームコースの内の一つ。特別走りやすい訳ではないし、距離が長い訳でもない。でも何故か好き。
目標はとりあえず14分台。今回も新しい取り組みを継続中。やっぱり心拍は高いけど、心は折れない。楽しみながらも限界を超えるべく攻め続ける。3回目の連続ヘアピンを抜けて、タイムはかなり良さそう? ムチを入れ直す。最後のヘアピンでまだ12分台。ktkr、これはイケる。ダンシングを入れる余裕はないので最後は座ったままで。久しぶりに心拍200超えた&納得のタイムが出た。5.3倍。15分までの出力、まずはここから。

帰りも蓬莱峡から。まったりのつもりがなぜか上げてしまう。仕方ないので15分だけ。CP1で6分10秒。中々。CP2で10分50秒。そろそろキツい。15分経過。キリが良いので集落の入り口のバス停までで。4.5倍。CP2からがっつりタレた…補給不足やな。

走行距離 100km

先週から投入したZipp303 クリンチャー
写真 1 (5)

今日から投入のS-WORKS Romin
写真 3 (3)

2014/09/20

ヒルクライム大台ケ原

9月13日
エントリーを済ませ宿へ。風呂の前にローラー。
アップ12分、13分ぐらいかけて徐々に上げて最後は93%まで、ダウン10分で終了。

写真 1 (4)


9月14日
写真 2 (4)


いよいよ本番。でも緊張感とかは全くなし。ここまできたら後は走るだけ。昨日と同じ感じでレース強度まで心拍を上げておく。

レース 1時間19分18秒
親子クラスでスタート。律義に一番後ろからスタートしたら前まで上がるのにえらい苦労した。温泉分岐の少し手前でようやく先頭まで上がれた。ビターさんが先頭をがっつり牽いておられる…ここは加わらなくては。一応前に出てペースを作る。温泉分岐では去年より速いタイム。勾配が出てからは程々にキツいラインで。このあたりからメンツがだいぶ絞られてMTBのトップの選手、ビターさん、w的な感じに。ジュニアゴールで19分なので結構速い。
激坂区間ではオーバーペースにならないギリギリのラインで行く。途中MTBの選手がペースアップ。付いて行ける出力ではないのでスルー。その後、後発の選手に抜かれたタイミングでビターさんがペースアップ。ここでも上げられずスルー。このまま激坂中盤からドライブウェイ中盤まで一人旅に…。しかし慌てず諦めず冷静に走り、うまく立て直せたと思う。
辻堂分岐で53分。まずまずか。ドライブウェイからは切り替えて追撃モードに。林道で抜かれた選手を抜いて行く。途中オルカの人の後ろに着くと「回しましょう!」と嬉しい申し出が。下り区間からはローテーションしつつガンガン前を追う。最後2kmあたりでなんとかビターさんに追いつく。最終的に4人パックとなったものの、ゴール前のペースアップですぐにバラバラに。時々確認していたタイムからすると18分台いけるか?と思ったものの叶わず。去年の10秒落ちという結果に終わった。

まあここ数カ月の不調を考えればうまくまとめられたのではないでしょうか。今年も走っている最中は最高に楽しかったし、今年はこれでよかったんだと納得出来た気がする。去年の大台からこの日まではあっという間だった。今日からの1年はもっと早く感じるだろう。25歳までのクラスにいられるのは次が最後。仕事やプライベートを考えてもこれからの1年を逃せば次はいつになるか…とにかく出来るうちに出来る限りのことをしよう。



2014/09/16

最終調整

9月10日
最終調整のため逆瀬へ。べつに走らなくても良かったけどなんとなく義務感で。

写真 1 (3)

逆瀬川TT 44分07秒
泣いても笑っても最後の練習なので真面目に走る。甲寿橋で12分15秒。まあなんとか。脚の感じは悪くない。硬いホイールにやっと慣れてきた。盤滝で17分50秒。まだなんとか。心拍はかなり良い線いっているけど脚が付いて来ない。125番カーブで29分50秒。ははっわろす。宝殿で45分15秒。もうどうにもならない。でも気分は悪くない。ラストはなんとか9分以内にゴール。最後にもがいている瞬間に思ったことは「ありがとう」。なにが?この1年頑張れたことか、それともこれからもう1年頑張れることか。

完璧
写真 2 (3)

裏から下って帰宅
走行距離 65km

金曜に大台の準備。と言っても泊まりの用意ぐらいやけど。

写真 3 (2)

バイクはVENGE。コンポはForceとアルテのミックス。ホイールはアルチメイト+S3Lite。
この状態で6.75kg。ボトルは2本差し、細かいアクセサリー類は付けっぱ。重しになる?いやまたつけ直すのめんどくさいでしょ。

2014/09/08

乗鞍

9月7日

クォクォア…?
写真 1 (2)

スタート待ち
写真 2 (2)

全日本マウンテンサイクリング乗鞍 
縁あって参加することになった今大会。乗鞍にはぜんぜん興味なかったが、前回の試走で考え方が少し変わった。せっかくの機会なので、一度ぐらいは走っておこうと。どうせコンディションは戻っていないので、最後まで踏めることと、70分切れればいいや、てな感じで。
序盤は抑えめのペースだったので三本滝までは先頭集団でいけるか?と思ったけど、次第にペースが上がり三本滝の少し手前で脱落…。その後は前から落ちて来た選手2人と中盤まで3人パック。30分を過ぎて1人がペースアップ。1番しんどくなっていたタイミングだったので追う気にはなれなかった。10分ほど我慢してから補給を摂ったタイミングですごく踏めるようになった。今の順位は15位前後か?それはともかく中盤で落としたタイムを取り戻さなくては。最後の5kmはあっという間に過ぎた。ショボいながらも全力を出せて、最高に充実した時間だったように思う。
ゴールタイムは61分台。大雪渓までの短縮コースなので、フルコースなら66分台か?まあとりあえず目標は達成。大台前の良い練習になったでしょう。

頂上付近は良い天気
写真 3 (1)

写真 4 (1)

走行距離 50km
2014/09/08

朝練

9月3日
久しぶりに朝練

写真 1 (1)


有馬口~六甲記念碑台TT 25分55秒
昨日は脚の調子が良かった気がしたが今日は今一つ。まあ悪くは無いので真面目に。CP1で5分20秒。標準よりやや遅い。ここからはやはりサボってCP2で11分55秒。前回のチーム練を意識して裏からは集中していく。そこそこ踏めている。心理的にもまだ負けていない。CP3で19分ちょっと。頑張れば25分台いける。最後はタレつつもしっかりペースを上げる。25分台には入れられたものの裏では14分ジャスト。調子は上向きとはいえ、ほんの少し下には谷底があるわけで…。

秋の空に癒される
写真 2 (1)

走行距離 40km
2014/09/03

8月 後半

大して走ってないけど更新サボっていたのでまとめて。

8月17日
恒例になってきた金剛山遠征。調子は相変わらずのぐだぐだやけど、良い感じのバトルが出来たから元気が出た。
金剛山RW→金剛山TN→十三峠

走行距離 117.7km

8月21日
とりあえずの逆瀬川。タイムはやはりう○こ。ほんの僅かに残っていた下心を完全に打ち砕かれた。いら立ちでバイクをぶん投げたくなったけど、山頂からの景色に癒されて、どうでもよくなった。

逆瀬川TT 46分50秒

走行距離 66.3km

8月24日
乗鞍試走。関西の超強豪クライマー3人+わしのメンツで弾丸ツアー。どうせ踏めへんし乗鞍には興味なかったけど、これも経験と参加を決意。結果的に来て良かったと思う。良い経験になった。
裏乗鞍→乗鞍

走行距離 92.9km

8月31日
1週間ぶりのライド。久しぶりの友の会。マンツーマンやけど。やはりこれだけ開けても回復していない。ただ最悪という訳ではないから出来る限り頑張ろう。あと今日は絶対にストレスをため込まないと決める。たとえどんなタイムでも楽しむことを忘れてはいけない。

逆瀬川TT 45分00秒
有馬口~六甲記念碑台 24分53秒

エネルギー不足もあったかもしれないけど、逆瀬では「やっぱり…」な結果だった。中盤でTREKの人にぶち抜かれてそこから踏み直せたので内容的には楽しめた。裏では競り合ったとは言え、久しぶりに24分台が出た。裏単体でも13分台でた。本当に久しぶりな感じ。25分/4.7倍なんで大した出力ではないけど、とにかく安心した。別れ際、pippoさんと握手。チームメイトとして、ライバルとして、乗鞍では報われてほしい。

走行距離 79.5km

よく澄んでた この景色に救われた
写真 1

いざ乗鞍
写真 2

20km上りっぱなしのヒルクライム天国
写真 3

短いけど充実した練習
写真 4