2014/09/20

ヒルクライム大台ケ原

9月13日
エントリーを済ませ宿へ。風呂の前にローラー。
アップ12分、13分ぐらいかけて徐々に上げて最後は93%まで、ダウン10分で終了。

写真 1 (4)


9月14日
写真 2 (4)


いよいよ本番。でも緊張感とかは全くなし。ここまできたら後は走るだけ。昨日と同じ感じでレース強度まで心拍を上げておく。

レース 1時間19分18秒
親子クラスでスタート。律義に一番後ろからスタートしたら前まで上がるのにえらい苦労した。温泉分岐の少し手前でようやく先頭まで上がれた。ビターさんが先頭をがっつり牽いておられる…ここは加わらなくては。一応前に出てペースを作る。温泉分岐では去年より速いタイム。勾配が出てからは程々にキツいラインで。このあたりからメンツがだいぶ絞られてMTBのトップの選手、ビターさん、w的な感じに。ジュニアゴールで19分なので結構速い。
激坂区間ではオーバーペースにならないギリギリのラインで行く。途中MTBの選手がペースアップ。付いて行ける出力ではないのでスルー。その後、後発の選手に抜かれたタイミングでビターさんがペースアップ。ここでも上げられずスルー。このまま激坂中盤からドライブウェイ中盤まで一人旅に…。しかし慌てず諦めず冷静に走り、うまく立て直せたと思う。
辻堂分岐で53分。まずまずか。ドライブウェイからは切り替えて追撃モードに。林道で抜かれた選手を抜いて行く。途中オルカの人の後ろに着くと「回しましょう!」と嬉しい申し出が。下り区間からはローテーションしつつガンガン前を追う。最後2kmあたりでなんとかビターさんに追いつく。最終的に4人パックとなったものの、ゴール前のペースアップですぐにバラバラに。時々確認していたタイムからすると18分台いけるか?と思ったものの叶わず。去年の10秒落ちという結果に終わった。

まあここ数カ月の不調を考えればうまくまとめられたのではないでしょうか。今年も走っている最中は最高に楽しかったし、今年はこれでよかったんだと納得出来た気がする。去年の大台からこの日まではあっという間だった。今日からの1年はもっと早く感じるだろう。25歳までのクラスにいられるのは次が最後。仕事やプライベートを考えてもこれからの1年を逃せば次はいつになるか…とにかく出来るうちに出来る限りのことをしよう。



スポンサーサイト