2015/05/25

ちくさ高原ヒルクライム

5月24日
久しぶりの実戦。脚の調子は今一つだがあくまで調整なのであまり気にせず。今回のレースの目的は「本当に二本目の方が速いのか?」と言う最近の疑問の答えを探ること。とりあえず数字から。

アップ 15分45秒 4.68w/kg
一本目 20分25秒 4.8w/kg
二本目 22分46秒 4.72w/kg

アップはほどほどで。ワットは一番低いが一番脚がだるく今日はボロクソやな…と感じた。
レース一本目は上り始めから計測。脚の感じはまずまずだがアタックによるペースアップに全く対応出来ず先頭グループの最後尾で粘る。最後は意外とタレず前との差を詰めることが出来た。まあ標準的な感触。
レース二本目はスタートした瞬間から独走するつもりで上げる。脚の感触は最高。340wぐらいで回して行く。後ろがお見合いしてくれれば良かったが勢いが足りなかったのか全然離れていない。こりゃダメだ…。駐車場までは先頭5人に残るがそこから黄金のタレ発動。上げた分のしわ寄せが来てラスト1kmは280wほどしか出ず。イーブンペースでTTしてたら逆瀬川39分台確実な脚だった。

今のところの結論は「レース前は入念にアップするべし」…だと思う。これから確かめなければいけないのは「どれくらいの強度で、どれくらいの時間アップが必要か?」と言うこと。ここ3回の逆瀬川ベスト更新の条件が、昼から→昼から→二本目なので朝起きてから十分に時間が経っていることと脚がフレッシュではないことが自分には良い条件なんだろう。

ああ、どうでも良いですがレースの結果は5位でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。