2015/09/27

週末

9月26日
今日はpippoさんと久しぶりの六甲ツアー。出来ればフルコースで行きたいが西は通れるだろうか。

逆瀬川 41分30秒 4.6w/kg
高羽~丁字が辻 30分45秒 4.9w/kg
裏六甲 12分24秒 5.1w/kg

逆瀬川はスタートから積極的に上げていく。信号に邪魔されながらもなんとか止まらずに逆瀬台をクリア。西高あたりから置いていかれ始めるが、少しずつ距離を詰めていく。甲寿橋で11分半。信号からもキツいペースだったのでマイペースで行こうと思ったが、いやいやそれじゃ意味無いやろと思い直し前に出る。盤滝で16分半。もうここらで限界近かったが粘る…も130番あたりから完全に踏めなくなり置いていかれる。脚に力が入らん、あかん時はこんなもんか。125番を27分半で通過。宝殿は32分40秒ぐらい。踏み直そうとしてみるもすぐに失速。ギリギリ8分台でゴール出来たものの前半が良かっただけにもったいないことをしてしまった。

もうすでにお腹いっぱいな感じだが今日はまだ終われない。とりあえず藤原商店で補給を済ませ西方面へ。自転車は通れるという噂があったそうだが、フェンスあるから通れへんでと言われたので引き返す。なので次は表へ。西無しになったんで高羽から上りますか?僕はイヤですけど、と言ったら当然の流れで高羽からに決定。しばらく下る。ここは苦手なんや…。
脚の調子は良さそうなので神大を過ぎたあたりから踏んでいく。290w~300wの間をキープしてリズムよく上る。六甲大橋の信号で11分半ぐらい。DWに入ってからもワットをキープしてしっかりギアを掛けていく。途中信号に止められたが工事のおっちゃんが進めるギリギリまで誘導してくれたのでロスが少なくて済んだ。その後もペースは変わらず脚と呼吸に余裕を持ってゴールまで。信号で休んでしまったのでラストスパートは無し。表で19分もかかってしまっているものの、全体としては良いタイムを出すことが出来た。

藤原でしっかりレストを入れて最後は裏。脚の調子は今日の中で一番良いと感じていたので自己ベスト更新を目指す。いつもは始めから6倍以上で飛ばすが今日は6倍未満で落ちついてスタートする。スタート後のワットは大体310w前後で、もう少し踏めそうでも乳酸耐性がカスなので抑えて淡々とこなす。中間で6分半。大丈夫か?と思うが最後までペースを落とさないように焦らない。いつもなら最後のコーナーからはもがきに入るが今日はダンシングを入れる程度で。脚はジリジリとし始めていたが呼吸の方はまだまだ大丈夫。目標通り自己ベストを更新することができた。
今日はここで解散。後半にかけて調子が上がって来たし、良い練習が出来たと思う。



9月27日
今日も逆瀬。妻が起きる前に帰りたいので一本だけ。逆瀬についたらちょうどJNSさんが登場。スタートのタイミングをうかがっているとKDMキャプテンとMTOKさんも登場。KDMさんが逆瀬のスタート地点にいることに違和感を覚える。

逆瀬川 43分02秒 4.5w/kg

今日は上げる気はなかったもののメンツがアレなので甲寿橋まではそこそこ踏む。しかし信号に嫌われ全員散り散りに。甲寿橋で12分10秒。ここからはマイペースを意識してリラックスしていく。盤滝で17分30秒。緩くなったら無理せず回して回復させる。急坂でも冷静に、今日は頑張る日ではないので確認作業的。125番で29分。ほぼイメージ通り。宝殿で34分。最後もサボらず追い込まず。風が無ければ42分台やったかな。とは言え43分前後なら自分的には合格点。あんまり頑張りすぎても失う物が大きいし。

スポンサーサイト
2015/09/23

久々に大野山

9月23日
今日はMTBでトレイルに行きたかったが時間と金がないのでロードで自走。十万辻を越えて杉生交差点へ。

大野山 25分40秒 4.5w/kg

25分ぐらいを目標にスタート。前半は目標ワットのちょい下で抑えていくが…きつい。連日乗ってるダメージが抜けきってない。右折までは10分半とそこそこでもそこからはグダグダ。呼吸は荒いしペダリングも汚い。踏み過ぎないように気をつけつつパワーだけはキープする。最後はペースアップする元気もなくフラフラでゴール。一応天文台までもがく。もっと楽しんで上ればよかった…。




そう言えば今日は秋分の日か


帰りは道の駅いながわに寄り道。パンを補給してゆっくり帰宅。明日も朝ちょっと乗ろうかなぁ。
2015/09/22

逆瀬川のみ

9月22日
7時から逆瀬川。メンツはJNSさん、Ruiさん、わし。JNSさんは昨日に300kmライドしたそうで…。

逆瀬川 42分30秒 4.45w/kg

10分過ぎてスタートしたので信号のタイミングが悪い。甲寿橋までに1分程の停止した。甲寿橋までは300wを越えない範囲のマイペースで。JNSさんRuiさんは心拍ベース的な走り。サイコンタイムで12分20秒。日曜日のロングのダメージか脚がすごくだるい。盤滝まではJNSさんとパックで。17分30秒。パワーは大したことないので呼吸はすごく楽。TT強度にはならないように気をつけて行く。脚が重いけどホイールはもっと重い。今日からレーシング7にしたけどかったるくて楽しくない。軽いホイールに慣れるとあかんな…せめて5万円クラスの車輪にしたい。
125番で29分。よし、ばっちり。段々と呼吸が荒くなってきたしペダリングも汚くなってきたので気をつける。パワーをしっかり伝え切らなければ。宝殿で34分。良い。最後も4.5w/kg以上で甘えない。9分切れれば良いかなと思っていたら8分半でゴールできた。ゴールタイムは42分半なので十分良いタイム。43分前後の積み重ねが39分台への土台になる。

2015/09/22

レース後一週間

9月14日
家に帰ってから1時間ほど散歩。



9月15日
出勤前に武庫川を散歩



9月16日
夜から十万辻と逆瀬川。強度は上げずにSSTで。

十万辻 18分26秒 4w/kg
逆瀬川 43分39秒 4.25w/kg

十万辻はトの字合流までは流す。その後は4倍以上で。逆瀬川も抑えて淡々と。ホイールが重いけど僅かに追い風だったのでパワーなりのタイムか。今日は気温は低いけど湿度があるのでそこまで寒くなかった。



9月17日
時間は遅いけど晩飯を済ませてから蓬莱峡へ。

蓬莱峡 19分46秒 4.06w/kg
蓬莱峡 17分28秒 4.76w/kg

一本目はSST低めで。下って即二本目。TT強度まん中くらいのつもりで上げていく。しかし一本目の疲労と食後のダルさで上がり切らない。CP1で6分40秒、CP2で11分。最後も頑張るがダメダメ。今週は基礎練に集中するべきだったか。



9月20日
せっかくの連休なので滅多にしないロングライドに出かける。十万辻→西峠→R176→青垣で粟鹿山の登り口へ。

害獣除けの柵を越え谷沿いを上る


切り返し 路面の悪い10%勾配が続く


2つ目の柵を越え4kmほどの上り 4倍ちょっとで上る


山頂


下って補給してとなりの岩屋山へ


ゴール地点



山頂へはグラベルを上る


山頂



すごく良い上りだったのでまた来よう。帰りはR176で楽して帰る。行きはひたすら向かい風だったが帰りは追い風。楽に35km/h出るので早く帰れた。走行距離は195km。普段は50kmほどしか走らないのでクタクタに疲れた。

2015/09/13

第14回 ヒルクライム大台ケ原

9月13日
今年もこの日が来た。今年はあんまり期待して無かったので待ち遠しいとかワクワク感はなくただこの日が来たという感じ。前日夜は20時半に就寝の4時起き。夜中に2回ほど目が覚めたが、朝は目覚ましの音で起きるぐらいしっかり寝られた。朝飯はコンビニのみたらし団子に昆布おにぎり&缶コーヒー。荷物をまとめて5時25分に下北山村を出る。会場についたら荷物を預けて20分ほどローラー。軽く回す感じで最後の2分L4、10秒全力もがきを入れる。装備はWG-1のメット、アディダスの超軽量ジャージ、S-WORKSのシューズ。工具類は無し。バイクを含めても7kg以内に収まった。河原から国道に上がる坂でバイクがアホみたいに軽くて笑った。なんじゃこりゃ。脚の調子もそこまで悪くなさそうなのでスタート前は集中していく。

大台ケ原 1時間15分42秒 年代別5位

スタートは第一グループ。一応前の方に陣取っておく。スタートしてからは徐々に後退ていった。温泉の分岐で13分15秒ぐらい。飛び出していった人たちを除いて先頭はまだ15人ぐらい?先頭グループのペースが速いので最後尾をマイペースで走る。キッズゴールまで二無理して付いてきた人たちはぽろぽろと落ちていく。それらをかわしつつ集団に追いつく。キッズゴールで18分15秒ぐらい。この辺でHRTさん、梵天さん、イナーメの人の4人パック的になる。温泉からパワーはほとんど5倍を越えていたが呼吸はかなり余裕があった。それよりも脚の方が心配で気持ち的には余裕がなかった。
お休み区間に入る頃にはイナーメの人と2人になる。カテゴリは違うので無理せずペースを維持していく。左が開けるあたりで先行していた1人に追いつく。その時に名前を呼ばれたので誰?と思ったらこーたろーさんだった。先行って!と言われたのでハイと返事をして先へ。この辺からわき腹の痛みがひどく、呼吸するのも苦しかった。なんとか立て直したいと手でさすったり叩いたりしていると痛みが治まったので楽になった。とはいえ前半のツケでパワーは下がっていく一方。4.5倍を維持するのもしんどい。こんなに遅くて大丈夫かと思ったが後ろとの差は開いているのでまあええかと自分を甘やかしてしまった。東屋を過ぎたあたりでふと考えた。自分がこうして手を抜いている時、pippoさんならダンシングで攻めているはず。シャキッとせいと自分を責める。
そうこうしているうちにドライブウェイへ。通過タイムは50分50秒ぐらい?50分丁度ぐらいを目標にしていたのでかなりの超過。激坂区間でチンタラしているからこんなことに…。ドライブウェイでもイマイチ上げられずぷらぷらしているとこーたろーさんとイナーメジャージの人に追いつかれる。全員カテゴリ違うから回していくぞ!と言われハイと付いて行く。やっぱり人がいるとパワーでる。あいかわらず呼吸はだいぶ余裕があるので落ちついて回していく。ドライブウェイも半分を過ぎた頃、HRTさん含む数人が合流。ここで協調が崩れ牽制状態に。一人がアタックをかけた時点で集団は完全に崩壊。ペースが上がらなかったので自分も飛び出し、最後は下ハンを持って全力スプリント。後ろを大きく引き離すことが出来た。あんまり意味無いけど。

タイムは目標だった15分台に入れることが出来たけど内容は散々。1カ月前のどん底と比べればよく出来た方やけど、調整すれば13分台だって十分狙えるはず。調子をある程度戻せたことは良しとしても、自分の未熟さ、弱さがはっきり出てしまったレースだった。結果的に入賞できたけど、以前から薄々感じていた通り入賞するだけでは満足できない。むしろ順位よりも全力を出し切れたかどうかの方が重要に思う。しばらくは練習する気になれそうにないけど、今日からまた1年がんばろう。







2015/09/12

レース前

9月6日
休み

9月7日
休み

9月8日
雨だったので夜ローラー
20分 SST

9月9日
夜から逆瀬川と中山で短時間

逆瀬川 41分19秒 4.66w/kg
中山台 9分50秒 5.3w/kg

逆瀬川はレース装備で。とはいえ無理せずバイクに慣れることを優先して。甲寿橋で11分50秒。盤滝で17分10秒。どうしても頑張ってしまうがパワーはあまり気にせずリラックスすることを意識。125番で28分ぐらい?宝殿で33分ちょい。最後もぼちぼち回して気持ちよくゴール。40分台入れば文句なしだったが、これでも十分か。

中山は誰か来ているかも知れないのでダメ元で行ってみる。やはり誰もいなかったので一人でTT。序盤~中盤は抑えることを意識。最後から2つ目の信号から上げていく。良い感じで踏めていたが逆瀬川の疲れもあり伸びず。それでも2区間でKOMゲット。高強度域でも良い仕上がりだ。

9月10日
木金土と休む予定だったのに何故か乗ってしまう。せめて朝練なら良かったが夜から十万辻を二本目上る。メンツはパー君はじめお連れの方々。

十万辻 17分03秒 4.1w/kg
十万辻 15分28秒 4.9w/kg

一本目は時間を決めてローテーション。基本抑えて走る感じだったがやはり上がる所は上がる。二本目はフリーで。疲れを残したくないのでこちらも抑え目で。ある程度のラインを決めてパー君、とーる君とパックでペースを刻む。全体的には余力を残した感じだったが、しっかりパワー出とる。昨日で練習終わらしとけばよかったものを…これがレースにどう響くか。

9月11日
休み

9月12日
自転車を完全レース仕様に。バイクをチェックしていたらタイヤにガッツリ穴が空いているのを発見。応急的に補修剤で埋めたが心配なので予備のタイヤも持って行く。タイヤを交換するかは補修の仕上がり次第だが…明日だけは何とか耐えてほしい。

5.88kg


2015/09/05

チーム逆瀬川

9月5日
今日は土曜逆瀬川。睡眠時間は多く見積っても5時間ぐらいか。メンバーはpippoさん、JNSさん、NKJMさん、わし。

逆瀬川 39分30秒 4.77倍

スタートからローテーションで速いペースを刻む。逆瀬台の直線からNKJMさんの強烈なペースアップが始まる。6倍を越えるパワーが出ているがそこは気合いで追走。西高のあたりでJNSさんとの3人パックになる。先にスタートしていたグループを次々パスし甲寿橋で11分ジャスト。速い。
この後ほんの少し緩んでまたしっかりとギアがかかっていく。かなり辛くなってきたので元気なうちにダンシングを多めに入れる。盤滝で15分50秒…!ここで積極的にペースを作ってきたNKJMさんが離脱。
ここからはJNSさんとのサシになったが苦手な区間ですぐに置いて行かれた。ここまでせっかく良いペースで来ているので気持ちを切らさずに追走する。近付きそうで近付かない…JNSさんはフォームが綺麗でブレがないので一見緩めているように見えても実際は速い。125番で26分30秒…前半飛ばしたからなー。
ここからは最近気をつけていることをより一層注意して。タイムを出すならとにかくギアをかけるしかない。宝殿で31分15秒。もうガタガタだが最後まで行くしかない。行ける行けると唱え気合い注入。しかし最後はもう踏む力が残っていなかった。とはいえゴールタイムは5月以来の39分台。何とか耐えた。ゴール後すぐにチェーントラブルで遅れたJNSさん、pippoさん、NKJMさんが続々ゴール。なんてレベルの高いメンツなんや。

最近までの不調からは考えられないようなタイムが出た。一昨日乗った感じからしても全く想像出来なかった走り。ゴールしてからはしばらく信じられなかった。でも、戻ってきた。あとは大台ケ原まで調子が落ちなければ期待できる。


2015/09/04

朝練+ジテツウ

9月3日
今日も蓬莱峡で朝練してから通勤

蓬莱峡 18分53秒 4.23w/kg
蓬莱峡 18分08秒 4.53w/kg

今日はある程度のタイムを出しておきたかったが…良くないので気張らず淡々と上る。やはり寝起きの一本目は思うように身体が反応しないので割り切って。二本目は身体が軽く、良い感じだったが実際出てるパワーは低いので無理せず。呼吸の方はまだまだ余裕があるが、脚の方がついて来ない。まあ4.5倍は出せたので良しとしましょう。

帰りに船坂までの上りでL5。自由の女神の横あたりからコンビニまでアウターで踏んで行く。斜度が出るとパワーが出過ぎてしまうのでついセーブしてしまう。結果的には5.45倍程だったので自分で思っていたより良いパワーだった。短時間なら大丈夫そうやから次からは怖がらずに踏んでいこう。

次は土曜チーム練

2015/09/02

朝練

9月2日
今日こそ朝練。集中して蓬莱峡を二本上る。

蓬莱峡 19分05秒 4.35w/kg
蓬莱峡 18分58秒 4.51w/kg

寝起きで身体が言うことを聞いてくれないが目的意識を持って集中する。各チェックポイントでは残念な数字を見ることになるが気にしない。パワーは低いが最後も無理に上げずアベレージ稼ぎはしない。
二本目はスタート直後は脚がめちゃくちゃ軽く感じた。しかしそれもCP1までで、あとはタレるのを必死に抑える走り。やろうと思えばペースを上げることは出来るがそこは我慢。最低ラインをクリア。
今日は身体がなまってる感じがあって良く無かった。もう少しウォームアップ出来れば良いが朝にその時間を確保するのは難しい。明日はもう少しピリッとしよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。