2015/12/31

Festive500 後半戦

12月28日
平地を軽く流す。脚が温まってきた所で十万辻をリピートしようと思ったが全く踏めず。ここ一週間乗りっぱなしだったのでさすがに休まないと厳しいか…

12月29日
自転車休み。でも今日は結婚記念日なので映画を観に行ったり買い物したりオサレなディナーに行ったり、動きっぱなしだった。

12月30日
Raphaのアワイチライドに参加するために淡路島へ。Festiveの残りが200kmあるので距離を稼ぐために自走する。朝は早起きできたのでゆっくり準備をしていたが、思っているよりも時間の経ち方が早かったようで15分ほど出発が遅れてしまった。

出発したのが5時40分。船の時間は7時40分。港までは54km…\(^o^)/ 早朝とは言え西宮~須磨あたりは信号の多い都市部を抜けなくてはいけない。帰りのことも考えればあんまり脚を使いたくない。とにかく、一度冷静になって、安全と体力温存を念頭に出来る限り急ぐ。武庫川CRをR2まで南下。R2に出た時点でAve30ぐらい。そこから信号の度にどんどん削られ三宮を過ぎる頃には24km/h台に…長田から須磨に入るあたりは特に信号のタイミングが悪く、時間も7時を過ぎて来たので半ば諦めモードだった。
なんでもっと早く出なかったんやと自分を責めていたが、帰りのことは考えずに今できる限りのことをしようと頭を切り替えることができたのでそこからは全力で踏んでいく。スマスイを過ぎて高架を越えた所からTT開始。朝日を背に海岸線を飛ばす。運の良いことに、信号で多少減速することはあっても明石港まで一度も信号で停止することはなかった。出港の時間が刻一刻と迫ってくるがとにかく集中する。7時35分を過ぎてもうあかんかと思った所で港の堤防が見えた。出港3分前に切符を買い、滑り込むように船へ。なんとか間に合った…最近平地練しててよかった、ほんま。

岩屋でライドメンバーと挨拶を済ませいざアワイチ。ライドはいかにもグループライドというペースで淡々と進んでいく。クラブライドに参加するのは今回が初めてだったので、全体のことを考えたペース配分や安全な走り方は勉強になった。普段の殺伐としたトレーニング色の強いライドとは違った感じで新鮮だった。

ファミマで補給を済ませて謎のパラダイスの坂へ。出来れば淡々と行きたかったが前を走る人がいたら追いかけたくなってしまう…とりあえず追いつくまでにしといてそこから積極的には動かない。しばらくすると一人追いついてきて3人パックに。下りを挟んでもうひと上り。二人がペースアップしたが最後まで持つペースでは無いと判断し冷静に追走。前の二人のペースが落ちた所で一気に行く。5.5倍ぐらいで踏んで最後は流す。上げてしまったものの、ダメージは最小限に留められたか?

南部の平坦は始めはゆっくりだったが飛び出しがあり結局上げてしまう。しかしここはしっかり区切りを付けて踏むときは踏み止めるときはきっぱり止める。そのままずっとイージーペースで。野島を過ぎて、最後はやはりもがき合いになったが今回もタイミングを見て一撃で決める。いつも強い人たちにいじめられているおかげで多少のことでは動じない。

アワイチは終わったが今日は自走なので家まであと50km以上乗らないといけない。疲れもあるし、すでに暗くなりはじめていたので安全を第一に帰る。今日の走行距離は269kmだったのでトータル556kmでFestive500はクリア。今月の走行距離も1250kmまで伸びて目標の1000kmを余裕でクリア。5月ぐらいまでは距離を意識して毎月1000km以上乗れるようにしていきたい。

12月31日
今日はアルミ号で近所の買い物。距離は10kmほど。帰ってからEVOを洗車。最近はバイクを綺麗に掃除することにハマっている。あんまりこだわってやっているとそのうち面倒になって辞めてしまいそうなので、時間を区切って手早く済ませる。機材をとっかえひっかえ出来ない状況になってようやく「綺麗に使う・長く使う」という事に意識が向くようになりますた…機材の本来の性能も発揮されるようになるしね。

今年は去年の反省を踏まえて賢くやってきたつもりだったけど、やっぱり今年も同じような失敗をしてしまった。大台ケ原ではなんとか結果を残せたものの、やはり根本を改善しないと上手くいかない。とはいえ今年は自転車では楽しいことが多かったと思う。来年には子どもが生まれるので自転車的には色々と我慢しないといけないことが増えそうだが、これからも上手に付き合っていこう。最後に、今年も色々な人にお世話になりました。来年もまた練習付き合ってください。良いお年を!



スポンサーサイト
2015/12/27

Festive500 前半戦

12月24日
ジテツウ。帰りはハニーから遠回りをして距離を稼ぐ。

12月25日
ジテツウ。帰りの時間が遅いのでまっすぐ帰る。

12月26日
今日は年末恒例の母子そばライド…年に1~2度有るか無いかのグルメライドになる。逆瀬川でpippoさん、OOKさん、NKBYSさんと合流して逆瀬川。

逆瀬川 44分19秒 4.25w/kg

今日も上げる気は無し。スタートからマイペースでボチボチいく。甲寿橋で13分半。少し上げて盤滝で19分。また少し上げて125番で30分30秒。ここからはペース変わらず。宝殿で35分40秒ぐらい?気張らず、サボらず、良い感じで上ることが出来た。

一旦下り裏ハニーで上げる。今日は1.21までギアがあるので十分回すことが出来た。その後船坂でOKさん、五社でevoさんと合流。R176を北上して三輪から志手原へ。

志手原~永沢寺 29分20秒 4.3w/kg

今回も志手原からよーいドン。が、交通量の都合でスタートから先頭3人から置いていかれる。さらに琴弾峠の上りでevoさんとOKさんが加速。下り切った時には見えないぐらいの差が出来ていてさっそく萎え萎え。とりあえずNKBYSさんと追走(ほとんど引っ張ってもらいました)。なんとかpippoさんまで引き上げてもらった所で単独で踏んでいく。前の二人はかなり先だが直線では視界に捉えられるようになってきた。半分諦めが入っていたが、それでもこの悔しさを晴らすべく脚に力を込める。上りに入る前にOKさんをパス。上りが始まってすぐにevoさんに追いつく。追走に脚を使ったので一旦ペースを合わせ様子見。わらび餅屋を過ぎたあたりでちょっとペースを上げ、一息ついて再度ペースアップ。これで着いて来られたらやばいなーと思ったが、離れていたようでよかった。とは言え油断は出来ない。コンディションはどうあれ、相手が相手なので最後まで手を抜かずに踏み続ける。なんとか1着フィニッシュ。トータルでも永沢寺単体でも悪いタイムだったが、結果が良かったので良しとしよう。

さて年越しそばや!と思ったらそば屋が冬季休暇に入っていると言う…年末にそば屋が店を閉めるとは…。かわりにパン屋「のら」で昼食。
その後は裏永沢寺を下り裏西峠でひともがき。西峠の下りでも頑張ってみるがevoさん、OKさんのスピードには全く太刀打ち出来ず。ほんま上りじゃなければ素人レベルやな…。その後は裏十万辻から帰宅。今日は距離を稼ぎたかったが、しんどいばっかりで全く距離伸びず。

12月27日
今日は平地を流したい気分なので以前から行ってみたかった舞洲にいってみる。最初は2kmほどの周回を回ってみたが…走りにくい。結局3周で切り上げコース変更。
Stravaで大周回というセグメントがあったのでそっちを走ってみたらけっこう良かったのでそのまま周回。

Lap1 10分00秒 33.3km/h
Lap2 9分59秒 33.4km/h
Lap3 9分23秒 35.2km/h
Lap4 9分21秒 35.6km/h

2周目からは何かと減速や停止をさせられることがあったのでかなりのタイムロスをしてしまった。4周目は順調に行けば8分台は間違いなかったが…まあ結果は結果。次は時間帯とか考えて来ればいいだけの話やし。自分的には六アイは正直つまらんけど、ここの大周回は気に入った。ここをコンスタントに9分半、狙って8分半ぐらいは出せるようになりたい。

今日は後半にかけてどんどん脚の調子が良くなってきた。走ってるうちに昨日の疲れも感じなくなったし、山に近い出力を平地でも出せた。しかも出してるだけでは無くてきちんとスピードに変換出来ていたと思う。何より、風が強かったのに気持ちが切れなかった。今まで平坦ではパワーを出しても続かなかったし、パワーロスも多かった。そして平坦への苦手意識が強くてすぐに嫌になっていた。今日みたいに心身ともに平地に順応できることは少ないかもしれないが、すこしづつ平坦も走れるようになって行きたい。

今日でFestive500が始まって4日目なのでちょうど半分。走った距離は約270km。半分経過で270kmなので一応はプラスだが、期間中に乗れる日は計6日しか無いので、2/3経過で270kmだとマイナスだ。Festive500達成にむけて距離を稼ぎたい半面、菖蒲谷対策に付け焼刃でも良いのでヒルクライムリピートをしておきたい気持ちもあっていやー困った。




2015/12/23

中休み

12月22日
ジテツウ。行きの蓬莱峡は少しだけ上げる。パワー的には19分半でもおかしくは無さそうやけど実際は20分ジャスト。空気抵抗のせいか、やはり冬場はタイム出ない。

12月23日
今日はそもそもグループライドで自走アワイチの予定だったが、午後からの雨予報で中止に。なので午前中の3時間程度で距離と高度をバランス良く稼げるコースを設定し8時に出発。

とりあえず十万辻を4倍程度で上る。タイムは18分行かないぐらい。そのままいつものコースで猪名川に抜けてローソンで補給。温かいドリンクで身体を暖めてから大野山へ。

大野山 26分59秒 4.5w/kg

最近はあんまり上ってないし寒いので無理せず。前半区間はボチボチで、だいたい270~280wぐらいで上る。右折で12分ちょうど。残り3km15分で計27分か~と思いつつちょっと頑張る。勾配が出てくると自然とパワーも出るので、頑張り過ぎないように加減する。前半使わなかったダンシングを後半は積極的に入れていく。シッティング→踏むダンシング→シッティング→休むダンシング…と言う感じでローテーションして行く。前半を余裕を持って流したので最後まで崩れること無くゴール。右折からは4.7w/kgだったのでそこそこか。



天文台まで上って冬至の木板の前で記念撮影。前に大野山に来たときはちょうど秋分の日で、今回は冬至(の2日後)。両方とも特に意識して無かったが…

帰りは道の駅いながわまで下って千刈→山田→R176で帰宅。ろくに補給して無かったので最後はエネルギー切れになってしまったが、以前よりも平坦や距離に強くなった気がする。
2015/12/21

乗れない

12月14日
ジテツウ。帰りに寄り道して十万辻。

十万辻 15分58秒 4.8w/kg

序盤抑え目、中盤踏む、終盤粘る。結構頑張ってる感じでもタイムはぎりぎり15分台…って15分台なら十分か。5w/kgぐらい出さないと15分台の前半出ないし。

12月16日
ジテツウ。

12月17日
ジテツウ。夜の蓬莱峡の下りで道路脇から犬が飛び出して来た。十分にマージンを取って走っていたのでぶつかりはしなかったが、あれは危なかった。

12月19日
仕事の前にサクッと蓬莱峡を二本。二本ともSSTの下の方で。それにしても寒かった。

12月20日
用事があるのでサクッと朝練。今日も蓬莱峡。一本目は通勤強度で。二本目は少し上げる。だいたい280wぐらいを目安に淡々と。後半上げようと思ったけど脚の方がしんどい。なんとか4.5w/kgまで上げてゴール。今日はいかにも冬らしい寒さだった。鼻腔を抜ける空気が鋭い。

今週は距離も強度も全然やったな。まあ時間が無いからしょうがないけど。ローラー練でもすれば良いんだが、ローラーするぐらいなら山走るわと思える場所に住んでるので走れる限りは外を走ろう。
2015/12/12

山岳でこそ

12月7日
ジテツウ。先週から思っていたが、蓬莱峡の紅葉が良い感じになってきた。通勤の時間にちょうど朝日が差してくるのですごく綺麗に見える。帰りはちょっと遠回りをして道場→川下川ダム→裏十万辻で帰宅。

12月8日
ジテツウ。疲れているので行って帰るだけ。と言っても25kmの600mアップやから通勤としては十分か…。

12月9日
ジテツウ。ちょっと遠回り。道場から千刈カンツリーの上りで上げる。5分5.2倍ぐらいだったがジテツウならこれで十分。西谷のあたりから急に寒さを感じて、ついでに急にエネルギー切れになって10分ほど座り込んでしまった。最近アホみたいに食ってるのにエネルギーに変わってる感が無い。

12月10日&12月11日
休み。

12月12日
pippoさんと逆瀬川。入りはぼちぼちペースで。西高で4.5倍の7分40秒ぐらい。甲寿橋で4.5倍の12分25秒。夏場ならまだまだ余裕のある強度だが今はこれ以上上げられそうにない。無理せず淡々と。盤滝で17分40秒。意識しないとつい力まかせになってしまうのでリラックスする。少ないパワーを無駄にしてはいけない。125番で28分40秒。楽してる割には良い。宝殿で33分40秒。順調に行けば41分台か?と思ったがここからは全く上がらず。とりあえず平均ワットをキープ。タイムは42分20秒。アベは西高から最後まで4.5倍だったのでペース配分的にはまあまあ良かったのか?

記念碑台で解散。その後は今週も青野ダムで個人練。千丈寺湖小周回を4周。

Lap1 12分43秒 33.6km/h
Lap2 12分33秒 34.2km/h
Lap3 12分21秒 34.6km/h
Lap4 11分56秒 35.9km/h

1周目はフォームもぺダリングも悪く、風向きも良くなかった。2周目からは平坦に慣れてきて綺麗に回せるようになってきた。3周目も良い感じのぺダリングとフォーム。4周目は少し高回転意識で。フォームも空力優先で行く。最後の丘からはペースを緩めず。まさか11分台が出るとは思わなかった。
今回の練習でまず思ったのは、やはり平地には平地のテクニックがあるということ。フォームや回し方でけっこうスピードに差が出る。あとは風の影響。ワット数は1~3周目までほぼ同じだったが、後半にかけて風が良くなってきたので同じパワーでも後半の方がタイムが良い。走り方が平坦に最適化されてきたのもあるけど。

今日はここまで。帰りはR176と迷ったけど車が多そうなので船坂から。EVOはどんな場面でもそつなくこなす優等生なフレームだが、やはり山でこそその性能を存分に発揮できる。と船坂までの上りで思った。まあ当たり前の話なんやけど最近平坦を走るようになってEVOの良さを再認識するようになった。コイツをもっと速く走らせられるように頑張ろう。
2015/12/06

12月

11月30日
ジテツウ。帰りは少し遠回りをして距離を稼ぐ。今日で11月のライドは終了。それほど「乗った!」という感じは無かったけど月間の走行距離は久しぶりの900km越え。12月は1000km越えたい。

12月2日
ジテツウ。ほぼ行って帰っただけ。

12月4日
ジテツウ。

12月5日
今日は単独練。とりあえず100kmライドを目指す。いつも通り蓬莱を抜けて距離を稼ごうと思ったけど何故か逆瀬川へ向かってしまう…

逆瀬川 44分50秒 4.2w/kg

距離じゃなくて高度を稼ぎに来てしまった。とは言え今日は距離を伸ばす日なので山はゆっくり。甲寿橋で14分、盤滝で19分半。のんびり出来たのはここまで。今日のギアは最低でも1.36倍もあるので、ある程度のケイデンスをキープしようとするとどうしてもパワーを出して行かないといけない。分岐からは4.3w/kg前後で淡々と上って行く。125番で31分半、宝殿は36分半。ここからは普段通り踏む。ちょうど前を走っている人がいたので追走する。良いペースで上れていたので追いつくまで時間がかかったが右側が開けるポイントの前でキャッチ。そこからもペースを緩めず最後まで。8分20秒ぐらいだったので上出来やな。

裏から下り五社のファミマで補給。そこから平坦で青野ダムへ。今回は西側の一周7.1kmの小周回を反時計回りで。一周回ってからの4周回。

lap1 12分30秒
lap2 12分35秒
lap3 12分31秒
lap4 12分25秒

特にペースは決めず感覚で。行きは追い風、帰りは向かい風。向かい風に晒される度にこの周回で終わろ…と思うが、何とか4周回。様子見の一周を合わせて1時間ぐらいは走れた。パワーとか中間タイムを取ってた訳じゃないけどきっちりタイムが揃ってた。ラップの平均時速は34~34.5km/h。35km/h越えてるかと思ったけどそんなに甘く無かった。とりあえず1時間35km走れるようになって、次は2時間70kmか1時間で38kmぐらいは走りたい。

帰りは実家寄ってから船坂から帰宅。ぎりぎり120km乗ることが出来たが、脚の方はガタガタ。やはり基本がなってない。

12月6日
蓬莱峡を3往復しようと思ったけど時間が無いのと脚がダルいので平坦に変更。今週の走行距離が200kmを越えるように調整して帰宅。

今のところのマイブームで強度より距離を重視しているが、そのうち我慢出来ずに山TTに戻りそう。



2015/12/05

サボり気味?

11月26日
ジテツウ。蓬莱峡はいつも通り20分4倍。帰りに宝塚に下りてから武庫川CRを走る。

11月28日
土曜なのでとりあえず逆瀬川へ。今日は久しぶりに寝坊をかましてしまった…ほんますみません。

逆瀬川 43分49秒 4.4w/kg

pippoさんと上る。もともとの調子の悪さに今朝の冷え込みが重なりスタートから全く上げられない。気持ちの上ではけっこう頑張っているのにパワーの方はショボショボ。こんなパワーではもちろんギアが足りなくなるので急坂区間では余計しんどくなる。なんとか44分台には入らなくて済んだものの、これでは…

裏から下って合流地点へ。ここからはevoさん、OOTMさん、INUEさんのロードレーサー3人と合流。平坦路で山田まで行き、まずは千刈カンツリー倶楽部の上りでもがく。5分ほどの短い上りなのでスタートからかなりのハイペース。上りで置いていかれるわけにはいかないが、しんどいものはしんどいので先頭から脱落。とは言え諦めるつもりは無いので最後の急坂での逆転を狙って射程圏内で粘る。案の定ゴルフ場の入り口手前でペースが落ちたので3人を一気に抜く。脚がチリチリするほど踏んでしまった、と後悔してたらすぐにevoさんに抜き返された。つえー。

その後も止まらず目的地の杉生へ。ほぼそのままの流れで西峠の登りに突入する。アタック合戦やインターバル走になるのが嫌だったので前に出て一定ペースで牽く。だいたい4.5倍で淡々と上っていたら中間地点あたりでevoさんが強烈なアタックを仕掛ける。その動きにOOTMさんが反応。INUEさんは動かず。自分は動けず。まあ時間的にまだ半分残っているので慌てず追走していく。じわじわ距離を詰めて奥猪名健康ランドあたりで先頭を吸収。ゴールまではまだ少し距離がある。INUEさんはニュートラルな感じ。逃げていたevoさんは当然動くそぶりを見せない。結局最後のカーブまで動きが無かったので我慢できなくなり自分が前の位置からスパートをかける。すると待ってましたとばかりにevoさんが反応。一瞬前に出られたがすぐ横並びに。そのまま横並びのスプリントが続く。時間にしたらほんの数秒だったやろうけど、体感では何倍にも長く感じた。最後の力を振り絞ってギアを一枚上げてさらに踏んでいく。すると少しづつ前に出て、最終的には振り切ることができた。

その後は後川に下り小柿を抜けて木器方面へ。平坦区間ではロードレーサー達が飛び出していく。自分はそれを見送ってマイペースで走る。平坦であんなにスピード出せる気がしない。あれは別の人種だ。その後はパン食って、平坦を選んでもとの合流地点へ。練習としてはここで解散だがINUEさん以外の4人で裏六甲を上ることになった。もちろんもう脚は無いので4倍以下で。記念碑台で解散して東から帰宅。もうくたくた。

自転車の方は変わらずだがブログの方はサボり気味。この記事も一週間前の練習やからね…。公私ともに忙しい中で自転車の時間は確保するとなるとそのしわ寄せはこういう所に来る。