2016/03/23

週末

3月20日
今日は何となく頑張る気になれないのでLSD走。
蓬莱峡を通勤強度で越えて三田→後川→裏西峠→佐曽利→裏十万辻で帰宅。裏十万辻は観光農園からL5。5分だけ上げとく。

3月21日
今日は逆瀬川二本上ろうと思い逆瀬川へ。

逆瀬川 44分05秒 4.4w/kg

何となくスタートから脚に違和感があり、回転がぎこちない感触。体感では結構頑張ってるのに甲寿橋のタイムは12分45秒もかかっている。
その後も落ちる一方で良いとこ無し。途中で帰ろうかと思ったが、どれだけ遅くてもとりあえずゴールまで行こうと思い最後まで。
昨日のLSDのダメージだろうか?慣れてないことをするとすぐにボロが出る。やっぱり基本をおろそかにしてはいかん。

その後は裏を下り有馬→上山口から上り返してパン屋で朝ごはんを買って帰宅。
思えば最近は強度上げすぎてたな。先週にピークが過ぎたと思ってしばらくは大人しくしとこう。

スポンサーサイト
2016/03/19

半パンは寒かった

3月14日
自転車休み

3月15日
ジテツウ

今日も一旦帰ってから車載で天狗一へ。今日のメンツはキダさん、きゃべつさん、1号さん、ヒムロさん。気温が低いので泉原まではローテーションして天狗岩区間から各自頑張ることに。

天狗岩 15分58秒 4.9w/kg

スタートからゆっくりペースでローテーションしていく。ローテのぎくしゃく感が逆に面白い。前を牽く時は出しても4w/kgまでで。泉原の信号で引っかかったので全員よーいドンで天狗岩区間をスタート。
まず飛び出したのはヒムロさん。続いて他のメンバーも勢い良く飛び出し自分は最後尾を5w/kgぐらいで淡々と上る。竹林区間に入る頃には2番手に浮上。そこからもリズムを崩さずマイペースで。
右折でヒムロさんとは20秒差ぐらい。コーナーが増えて視界に捉えられなくなってきたが特に焦らず。最終的に捕まえられたら良し、追いつけなければそれも良しって感じで。
ラップタイムが27分台になった頃、ストレートっぽい区間でヒムロさんの姿を確認。どうやら差が縮小傾向にあるようなので追走体制に入る。6分もあれば捕まえられるなーとか思っていたがなかなか近付かない。残り500mになった所でもう1段ペースを上げる。ヒムロさんもギアを上げる音が聴こえるがスピードはこちらが上。最終コーナーで追い付きゴールスプリントで先着。

始めはまあその内追い付くだろうと思っていたが実際はかなりぎりぎりだった。着では勝ったけど気持ちの勝負では負けてたな…今日も良い練習が出来たことに感謝。

3月16日
ジテツウ

3月18日
ジテツウ
帰りに裏。

有馬口~六甲記念碑台 26分05秒 4.6w/kg

脚に疲れは感じるものの、調子としてはそこそこ。TT強度の下限で上る。CP1で5分20秒。CP2で12分05秒。なかなか良い。裏からもサボらない。CP3で19分後半。最後は強烈な寒さに襲われペース上がらず…目標だった25分台にわずかに届かず…とは言え楽しく上れたから気持ちよく帰る事ができた。

3月18日
ジテツウ
帰りは雨だったが対策してたので問題なし。

3月19日
自転車休み

2016/03/13

苦行

3月12日
自転車休み…かと思いきや少しだけ時間が取れたので蓬莱峡を上る。

蓬莱峡 17分00秒 4.9w/kg

明日のチーム練に向けて少しでも上げておきたかったので「とりあえず5倍出す」が今日の目標。
スタートからぼちぼちと。ヘアピンで6分15秒ぐらい?まずまずのペース。二つめのチェックポイントで10分50秒ぐらい。パワーは5倍を割っていたような。ペースを上げたいが、明日に疲労を残したくないし、これ以上の強度は慣れてないので心理的なブレーキがかかりイマイチ踏み切れない。
結局最後は17分を切れないし5w/kgも出ていないと言う最悪の結果に。2年前には16分台出してたのになーと思うが焦りは無し。少しづつ積み上げて行けば良いだけの話。

3月13日
今日のメニューは逆瀬川を立て続けに二本。一本目はJNSさんとスタート。二本目はpippoさんも加えての三人になる予定だったが、手違いがありpippoさんが3分ほど先行する形になる。

逆瀬川 45分00秒 4.2w/kg
逆瀬川 41分55秒 4.5w/kg

一本目は寝起きと寒さのダブルパンチでパワー出ず。一定ペースで淡々と。最後は平坦からは流す。

無補給ノンストップの二本目はTT強度で。寒さと疲労で脚が冷たいゴムのように固くなっていて、まるで自分の脚では無いような感覚。無理やり走っていると少しづつ脚が温まり始めて動くようになってきた。
甲寿橋で12分半。脚は動くが感覚は鈍い。盤滝で17分40秒ぐらい。ここから先は本当にキツかった。いつ脚が止まるかと不安を抱えつつぎりぎりのラインで追走する。
125番で28分45秒ぐらい。JNSさんは依然前を走る。差は何とか15秒以内に留めているが…宝殿で20秒まで離されてしまう。宝殿は33分40秒で通過。
ここからは気合を入れ直し300w以上で追い上げる。段々と近付いてはいるものの一気に追い付く程の余裕は無かった。斜度が緩む直前であと一歩の所まで迫ったが、結局最後まで追い付くことは出来なかった。
とは言えタイム差は5秒程度まで詰まっていたので気持ち的には負けてなかったか。

今日はここまで。帰りはまっすぐで。今日は肉体的にも精神的にもキツかった…しばらく頑張れそうにない。

2016/03/09

平日 上福井~天狗岩

3月7日
ジテツウ

3月8日
ジテツウ

一旦帰ってから天狗一武闘会にお邪魔させてもらう。。出来れば自走したかったが、時間も無いので車載で。

上福井~天狗岩 29分43秒 4.9w/kg

先にキダさん、やまちゃんさん、きゃべつさんがスタート。信号1回分開けてHNDさん、HMRさんとスタート。
始めから良いペースだったが、脚を使いたく無かったので多少離れても落ち着いて差を詰める。前を牽く時はだいたい5w/kgで、なるべく一定に。10分を過ぎた辺りでお二人がペースアップ。徐々に離れて行くが、泉原の信号前にはまた3人に。
信号を左折していよいよ天狗岩区間。がっつりペースを上げるHNDさんとそれをぴったりマークのHMRさん。あのペースに巻き込まれると潰れるのは確実なので自分は静観。最小限のペースアップで射程圏内を維持する。
天狗岩への右折で先頭と15秒、2番手と10秒差。充分に追い付ける範囲なのでまだ慌てない。鉄塔までにHMRさんをパス。その後も一定で追い続ける。
残り1kmぐらいでHNDさんに追い付く。さすがに5kgのウエイトハンデ有りは厳しいようで…すみませんと思いながらパス。
こっからは単独走。最後はタレつつも後ろから追いかけられてると思い踏みとどまる。タイムは何とか29分台に入れられたが、思ったよりも遅かった。28分台はとんでもなく遠い…

stravaの記録を見返してみると、どの区間でもだいたい315w前後で安定していた。イーブンペースを心掛けていたが、実際に上手く出来ていたことが分かった。とは言え…自分に足りないのは後半の強さやろうな。泉原からどれだけ上げられるかが29分切りの鍵になりそう。

今日はここまで。自走で距離を稼ぎたかったが、下りの寒さでそんな後悔は吹っ飛び滑り込むように車へ。強度を上げたくないと思いつつも結局TT強度で走ってしまったし、なかなか思う様にはいかないなー。

3月9日
自転車休み

3月10日
サカツウ

逆瀬川 49分46秒 3.6w/kg

朝なので通勤強度で。タイムは気にせずひたすら楽に。甲寿橋で14分半、盤滝で21分、125番で34分、宝殿で39分半。こんなタイムはいつ以来やろうか。一軒茶屋から職場まではジャスト30分。遅くても7時40分に一軒茶屋を離れることが出来れば余裕を持って出勤できる。

3月11日
ジテツウ
今日も早起きして逆瀬川から行こうと思ったが全く目覚ましに反応出来ず…帰りはちょっと寄り道。

今週は平日だけでTSSが300を越えたのでよく乗った感じがする。火曜日の夜練で調子が良かったのが意外だった。土曜のチーム練から連日乗ってたので疲れはあったと思うが、良い波が来ていたんだろう。
しかしここで無理をすると確実にダメージが残りそうなので今まで通りいこう。火曜日のような無理が許されるのは普段強度を抑えているからやと思うし。
上福井~天狗岩はほぼ30分で4.9w/kgだったので逆瀬川なら40分台は確実なペース。タレなければ39分台に入っていてもおかしくない。20分だったら5w/kgを越えるコンディションだろうと予測できるが…実際そんなに甘くは無いはず。まだまだ長時間や高強度のヒルクライムの練習が出来ていない。



2016/03/06

シーズンイン?

3月5日
今日は久しぶりの六甲友の会。季節はずれの暖かさなので薄着で逆瀬川へ。メンツはpippoさんとJNSさん。

逆瀬川 41分40秒 4.6w/kg
高羽~丁字が辻 33分03秒
裏六甲 13分50秒

スタートからは上げ過ぎず。落ち着いたペースを刻む。盤滝で12分ちょい。調子はそこそこだがとにかく無理はしない。
盤滝で17分20秒。やはりJNSさんのペースが速く追う展開に。125番で28分30秒。甲寿橋から宝殿まではJNSさんとpippoさんの間を行ったり来たり。
宝殿を過ぎた辺りでかなり差を付けられたので半分諦めが入っていたが、粘り強く追走を続ける。前を走っている人が見えたのでその人をターゲットにしてペースを上げる。
JNSさんが前の人をパス。斜度が緩くなった所で自分もパスしJNSさんに追い付く。その後2回程ローテーションして最後はスプリント勝負に。しかし前のグループがゴール地点手間で後ろを見ずに斜行しやがったのでJNSさんのラインが塞がれてしまう。結果的に先着出来たけど嬉しくは無いな。

時期とコンディションを考えれば充分良いタイムが出た。これからもしっかり積み上げていこう。残念ながらJNSはここで撤退。残りのステージはpippoさんと。

表は高羽から。スタートしてすぐパワーを拾わなくなる。途中復活したものの、不安な感じ。以前にも高羽スタートでパワーを拾わなくなった事があったので、何かしら因果関係があるかもしれん。
パワーメーターの調子同様、脚の調子も悪い。気を抜くとすぐにパワーが下がってしまい、4.5w/kgまで上げるので精一杯な感じ。ケーブル下駅で8分を越えていたので結構なスロースタート。信号で12分20秒だったので、急坂でもダメダメ。
信号からはもはやポンコツ。終始pippoさんにリードされ、付いて行くので精一杯。トンネルで17分半。ここのペースは良いが、それ故にその後は撃沈。
じわじわと離され展望台辺りで完全に射程圏外に。結局1分以上離されてしまった。

最後は裏六甲でシメ。表で残念だった分、ここでは良い結果を出したい。スタートからそこそこのペースで上げていく。
しかし、ここでも調子は良くない。3kmの距離表示を待たずして早々にパスされる。気合で追走して何とか合流。後半はペースを上げて前を走る。
最後のヘアピンに差し掛かりpippoさんが早めのアタック。いつもなら余裕で対応出来る距離だが、今日は別。下ハンを持ってもがくもパワーはヘボヘボ。結果10秒近く差を付けられた。

今日はここまで。本来なら西六甲も含めたフルコースが定番だが、まだオフ明けなのでこれぐらいがちょうど良い。

帰りは裏を下り、いつもの通勤コースから帰宅。しかし三田屋を過ぎた辺りで後輪から嫌な感触が…やはりパンク。タイヤはコンペティションの25c。まだ1000km程しか使ってないのに…(T_T)
とりあえず予備のTufoに貼り替えて帰宅。ダメもとでNOTUBESのシーラントを入れてみたら穴は塞がってくれた。その後12時間で空気圧の変化は無し。今回は運が良かった。

今日は逆瀬川以外では全く勝負が出来なかったなー。普段高強度練をやっていないのがそのまま現れた感じ。まあこの辺は意図してやってる所でもあるので別に良いでしょう。
それよりもいつものメンツで練習出来たこと、強いpippoさんを見れた事が嬉しかった。自分もこれからも練習頑張ろう。


3月6日
時間も脚も無いがモチベーションはあるので五月山へ。

五月山 22分25秒 4.3w/kg

疲れがあるので無理せず。ダルさはあるものの、段々と脚が回るようになる感覚が気持ちいい。最後の方は少しペースを上げる。タイムはちょうど狙ったあたりだった。

帰りはそのまま止々呂美方面へ、五月山北コースを下る。ここは道が荒れてて走りにくいと聞いていたが、今までに経験した酷道の中ではキレイな方。夜は通りたくないが、日中は良い練習コースになりそう。

2016/03/04

平日 六アイ夜練

2月29日
自転車休み

3月1日
自転車休み

3月2日
ジテツウ

3月3日
ジテツウ

帰りは裏六甲から六アイの夜練へ

有馬口~六甲記念碑台 28分20秒 4.2w/kg

その後も止まらず急いで六アイを目指す。六アイへは職場からちょうど1時間で到着。夜練のスタート時間は過ぎているので裏のストレートから合流する。

メンツはトラクターのOONGさん、モジュマのevoさんNMくん、他学生が3名。
ペースは38~40km/hぐらいで淡々と。時々アタックが出ても単発。最終周回になり飛び出しがあり、4人で追走。自分も脚を使って動いてみたものの最後は一つのグループになってスプリント。まさか最後まで残れるとは思わなかった。
帰りはまたもevoさんに送っていただくことに…本当にありがとうございましたm(_ _)m

3月4日
自転車休み

平日に良い練習が出来た。時間に余裕があればまた来よう。
土曜日は久しぶりのチーム練。明日はしっかり脚を休めて土曜日に備えたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。