2016/03/06

シーズンイン?

3月5日
今日は久しぶりの六甲友の会。季節はずれの暖かさなので薄着で逆瀬川へ。メンツはpippoさんとJNSさん。

逆瀬川 41分40秒 4.6w/kg
高羽~丁字が辻 33分03秒
裏六甲 13分50秒

スタートからは上げ過ぎず。落ち着いたペースを刻む。盤滝で12分ちょい。調子はそこそこだがとにかく無理はしない。
盤滝で17分20秒。やはりJNSさんのペースが速く追う展開に。125番で28分30秒。甲寿橋から宝殿まではJNSさんとpippoさんの間を行ったり来たり。
宝殿を過ぎた辺りでかなり差を付けられたので半分諦めが入っていたが、粘り強く追走を続ける。前を走っている人が見えたのでその人をターゲットにしてペースを上げる。
JNSさんが前の人をパス。斜度が緩くなった所で自分もパスしJNSさんに追い付く。その後2回程ローテーションして最後はスプリント勝負に。しかし前のグループがゴール地点手間で後ろを見ずに斜行しやがったのでJNSさんのラインが塞がれてしまう。結果的に先着出来たけど嬉しくは無いな。

時期とコンディションを考えれば充分良いタイムが出た。これからもしっかり積み上げていこう。残念ながらJNSはここで撤退。残りのステージはpippoさんと。

表は高羽から。スタートしてすぐパワーを拾わなくなる。途中復活したものの、不安な感じ。以前にも高羽スタートでパワーを拾わなくなった事があったので、何かしら因果関係があるかもしれん。
パワーメーターの調子同様、脚の調子も悪い。気を抜くとすぐにパワーが下がってしまい、4.5w/kgまで上げるので精一杯な感じ。ケーブル下駅で8分を越えていたので結構なスロースタート。信号で12分20秒だったので、急坂でもダメダメ。
信号からはもはやポンコツ。終始pippoさんにリードされ、付いて行くので精一杯。トンネルで17分半。ここのペースは良いが、それ故にその後は撃沈。
じわじわと離され展望台辺りで完全に射程圏外に。結局1分以上離されてしまった。

最後は裏六甲でシメ。表で残念だった分、ここでは良い結果を出したい。スタートからそこそこのペースで上げていく。
しかし、ここでも調子は良くない。3kmの距離表示を待たずして早々にパスされる。気合で追走して何とか合流。後半はペースを上げて前を走る。
最後のヘアピンに差し掛かりpippoさんが早めのアタック。いつもなら余裕で対応出来る距離だが、今日は別。下ハンを持ってもがくもパワーはヘボヘボ。結果10秒近く差を付けられた。

今日はここまで。本来なら西六甲も含めたフルコースが定番だが、まだオフ明けなのでこれぐらいがちょうど良い。

帰りは裏を下り、いつもの通勤コースから帰宅。しかし三田屋を過ぎた辺りで後輪から嫌な感触が…やはりパンク。タイヤはコンペティションの25c。まだ1000km程しか使ってないのに…(T_T)
とりあえず予備のTufoに貼り替えて帰宅。ダメもとでNOTUBESのシーラントを入れてみたら穴は塞がってくれた。その後12時間で空気圧の変化は無し。今回は運が良かった。

今日は逆瀬川以外では全く勝負が出来なかったなー。普段高強度練をやっていないのがそのまま現れた感じ。まあこの辺は意図してやってる所でもあるので別に良いでしょう。
それよりもいつものメンツで練習出来たこと、強いpippoさんを見れた事が嬉しかった。自分もこれからも練習頑張ろう。


3月6日
時間も脚も無いがモチベーションはあるので五月山へ。

五月山 22分25秒 4.3w/kg

疲れがあるので無理せず。ダルさはあるものの、段々と脚が回るようになる感覚が気持ちいい。最後の方は少しペースを上げる。タイムはちょうど狙ったあたりだった。

帰りはそのまま止々呂美方面へ、五月山北コースを下る。ここは道が荒れてて走りにくいと聞いていたが、今までに経験した酷道の中ではキレイな方。夜は通りたくないが、日中は良い練習コースになりそう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。