2016/03/13

苦行

3月12日
自転車休み…かと思いきや少しだけ時間が取れたので蓬莱峡を上る。

蓬莱峡 17分00秒 4.9w/kg

明日のチーム練に向けて少しでも上げておきたかったので「とりあえず5倍出す」が今日の目標。
スタートからぼちぼちと。ヘアピンで6分15秒ぐらい?まずまずのペース。二つめのチェックポイントで10分50秒ぐらい。パワーは5倍を割っていたような。ペースを上げたいが、明日に疲労を残したくないし、これ以上の強度は慣れてないので心理的なブレーキがかかりイマイチ踏み切れない。
結局最後は17分を切れないし5w/kgも出ていないと言う最悪の結果に。2年前には16分台出してたのになーと思うが焦りは無し。少しづつ積み上げて行けば良いだけの話。

3月13日
今日のメニューは逆瀬川を立て続けに二本。一本目はJNSさんとスタート。二本目はpippoさんも加えての三人になる予定だったが、手違いがありpippoさんが3分ほど先行する形になる。

逆瀬川 45分00秒 4.2w/kg
逆瀬川 41分55秒 4.5w/kg

一本目は寝起きと寒さのダブルパンチでパワー出ず。一定ペースで淡々と。最後は平坦からは流す。

無補給ノンストップの二本目はTT強度で。寒さと疲労で脚が冷たいゴムのように固くなっていて、まるで自分の脚では無いような感覚。無理やり走っていると少しづつ脚が温まり始めて動くようになってきた。
甲寿橋で12分半。脚は動くが感覚は鈍い。盤滝で17分40秒ぐらい。ここから先は本当にキツかった。いつ脚が止まるかと不安を抱えつつぎりぎりのラインで追走する。
125番で28分45秒ぐらい。JNSさんは依然前を走る。差は何とか15秒以内に留めているが…宝殿で20秒まで離されてしまう。宝殿は33分40秒で通過。
ここからは気合を入れ直し300w以上で追い上げる。段々と近付いてはいるものの一気に追い付く程の余裕は無かった。斜度が緩む直前であと一歩の所まで迫ったが、結局最後まで追い付くことは出来なかった。
とは言えタイム差は5秒程度まで詰まっていたので気持ち的には負けてなかったか。

今日はここまで。帰りはまっすぐで。今日は肉体的にも精神的にもキツかった…しばらく頑張れそうにない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。