--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/02

スプリングエンデューロinはりちゅう

3月2日
さて、今日はりちゅうのロードレースに出てきました。
結果は20位ぐらいで、集団後方でゴールしました。

先週の初エンデューロに続き、今週は初ロードレース。レースの時間が50分ほどしかないのでかなり高速な展開になるだろうなと思ってたら案の定終始速いペースでレースが進んだ。1周目はローリングスタートが解除されていたのに気付かずにのんびりしていていきなり置いて行かれそうになった。
前半は集団後方に位置。落ちついて状況を観察していた。5周目を終えてそろそろ前に上がることを意識する。途中何回か逃げが出たがハイペースを維持する集団からは逃げられるとは思えずスルー。実際最後以外は吸収されていた。
残り3周回。集団後ろから先頭付近に出るだけでも2周回は費やされそうな気がしたので確実に番手を上げることを意識する。残り1周が迫り2人の逃げが出ている状況。このまま集団の中にいても仲良くゴールラインを越えるだけなので最終周の上りでアタック。出せるだけの出力で行くが後ろはまったく離れない。結局下りまでに集団に吸収されてそのまま集団でゴールまで。最後は流してゴール。

結果はともかく、経験としては良い内容だったかな? コースレイアウト・展開・脚質などの状況を冷静に分析した結果、10%以下の可能性にかけて最後の上りでアタックすることを決めた。おとなしく集団にいてもスプリントでは勝負にならないし、コーナーにも自信がないし、集団走行も不慣れ。アタックは不発に終わったけど、あそこで行ってなければ今日レースに出た意味がなかったと思う。
経験値的にはスポーツクラスでも良かったような気もするが、脚的にはエリートで正解だったんかな…。速い人ばっかりで楽しかった。現実を知れたし。
いつも出ているヒルクライムレースの勝敗を決める要因の大半はFTPだが、ロードレースはいろいろな要因が絡んでくる。FTPはもちろん、位置取りやら展開、判断力や根性、あとは運。今日はそんなことを身をもって学んだ気がする。ロードレースの楽しさを教えてもらった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。