2014/08/13

久しぶりの長距離

8月12日
以前から行きたかった場所へ。急ぐ訳ではないので道中はゆっくりマイペースで。

西脇からは地図を見ながら。ここでやっと分かる道に出た。

写真 1 (11)

給水
写真 2 (10)

もう少し
写真 3 (9)

砥峰高原TT 34分27秒
30分以上のTTになるので前半は抑えめで。橋を越えて勾配が出だすと心拍も上がる。脚はそこそこ調子が良い。良いだけに踏んでしまう。平坦区間でもだいたい88%とか。そのまま集落からのキツい区間に突入。始めの1kmぐらいはなんとかなったものの、そこから続かなかった。残り3km地点で20分30秒。残り2kmあたりにはもうへろへろ。追い打ちをかけるように勾配はキツくなっていく。やっぱり10分以上の高強度には耐えられない。特にヒザが。分かっていたとはいえ、かなり悔しい結果となってしまった。

写真 4 (1)

帰りは西脇からルートを変えて。アップダウンの大きい加東ルートを選ぶ。直線的な上りをひたすら上る。このルートを選んだことを少し後悔したけど、辛くなるほど楽しさも大きくなる。いつのまにこんな坂バカになってしまったのか。小さな丘は気合いのダンシングで乗り切る。

17時30分帰宅。

走行距離 183.4km
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めまして!

いつも関西ヒルクライムTTでご活躍を拝見させていただいています。
との峰高原お疲れ様でした。ずっと誰も走ってくれなかったので、嬉しいです。
ここは平坦・急斜面・平坦・急斜面と変化があり、難コースでしたね。ボクも平坦を頑張っちゃって最後失速パターンでした。
大台出られるんですね!頑張ってください。ご活躍を楽しみにしてますね。

No title

sunzoku1号さん、はじめまして。
こちらこそ、ヒルクラTTでは常にチェックさせて頂いております。

砥峰高原は何度か車で通っていてお気に入りだったのでぜひ自転車でもと思っていました。
仰る通り、実際にTTするととても難しいコースでしたね。最後は本当にへばりました。

大台は…去年に近いタイムが出たら儲けもん程度に考えています。