--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/13

ちくさ高原ヒルクライム レース~表彰式編

5月12日

スタート前はいつも集中力を高めたりある種の儀式をしたりするが、今回はぼーっとスタートを待ち何となくスタート。さすがに最前列付近に陣取るのは気が引けたので20番手あたりでスタートを切る。

始めの1kmはAクラスの人たちで構成される先頭集団の後方にいた。しかし先頭集団のペースが速く、ついて行くには脚を使いすぎると判断。少し脚を緩めて同じ状況になっていそうな人に付いて5人ほどの第2集団を形成した。先頭集団から落ちてきた人を吸収しつつ、3人ほどでローテーション。
他の人の顔色をうかがうとそれなりにキツそうにしていた。wも心拍的にはかなり上がっていたものの、まだまだ余裕はあったので積極的に前に出てペースを作る。スピードを維持したのが効いたのか、6km地点では第2集団の人数も減り後続もまばらだった。Bクラス的にはこの時点で上位3人が決まったのだろうか。そう思えるほどばらばらだった。

スキー場の看板を過ぎて斜度のある区間に入る。ここで少しペースを落として集団内のメンツの脚の残り具合をチェック。どうやらwが1番脚を残しているようだ。ここからはTTモードで独走態勢に入る。
急坂区間に入ってから異様に脚が回ることに気が付く。今まで雑誌のインプレの、ギアを1枚重くしていける(笑)。踏み込むとスッと進む(笑)。というセリフをはいはいわろすわろすと流して見ていたが今の感覚はまさにそれ。とにかく軽い。これが軽量ホイールの威力か…。おかげで心身ともに余裕ができた。

9km地点の緩斜面区間に入るところで先頭集団から落ちてきたAクラスの2人に合流。良い感じのペースでスキー場まで走ることができた。最後の激坂区間ではペースを上げられなかったもののAクラスの人を2人ほど抜き、やっとこさゴール。タイムは34分54秒。どうやら自分以外にはまだBクラスの人はいないようだ。
ゴール後すぐにイカ娘ジャージの人とアレージャージの人がゴール。この2人は6km地点からずっと後方にいて、突き離せずにいたので脅威に感じていた。今回はwが先にゴールできたものの、ホイールがいつもの鉄下駄だったら順位が入れ替わっていたかもしれない。少なくとももっと厳しいレースになっていただろう。

順位発表を待つために駐車場まで下る。pippoさんは2位フィニッシュだったそうで、タイムの方は32分5*秒とwよりも2分ほど速い。やはりこの人は別次元ダナー。しばらくすると順位のアナウンスがあり、wの名前が呼ばれたので本部のテントまで行く。地べたに3人並んで表彰、はい解散、てな感じの流れ作業的な表彰に驚いた。過去の表彰式の写真には表彰台が写っていたのに…ちょっとがっかり。

その後は駐車場でAクラス2本目の観戦&2位入賞を果たしたpippoさんの表彰式を見る。wも来年はAクラスの表彰台を狙っていこう(表彰台じゃなくて地べたやけど)。


今回のレース内容の自己評価は100点満点。後半の伸びの無さが気になったものの、万全の体調で今持っている実力の全てを出せたと思う。今年初戦がいきなり優勝という結果も今後の弾みになるだろう。

写真 3 (3)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おめでとうございます!

イカ娘ジャージで参加していた者です。
いやー、本当にお強かった!
イン側を攻め続ける力強い登坂、お見事でした。
優勝おめでとうございます。
またどこかのレースでお会いできたら幸いです。

No title

ありがとうございます!
そちらも入賞おめでとうございます。
全然離れてくれなかったので後ろが気になって仕方ありませんでした(笑)
またレースでお会いするのを楽しみにしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。